年1回ですが駐車場に生えてくる草刈りに行って参りました。
駐車自体が広いので生えてくる雑草も多いのですが、とても大きく伸びてきます。

雑草全部で軽トラックが満載になるぐらいです。しかも刈ってすぐでは乗りきらないので空いているスペースに雑草をまとめておいて3、4日ほど寝かします。
枯れてからでないと軽トラックには乗りきらないからです。
草刈り前 東住吉区東住吉区草刈り後 

 
先日、あるマンションの方から浴室(ユニットバス)とキッチンの清掃クリーニングの依頼がありました。

浴室も流し台もワンルームマンションですので広くはないのですが長年の汚れもあり、3時間程度かかりました。

見違えるにようにキレイになりお客様も満足していただきました。
浴室クリーニング前 大阪市平野区翌七宇クリーニング後 大阪市平野区
春と秋の年2階のペースで剪定をさせていただいているお客様のところへ行ってまいりました。

十年以上付き合いのある植木職人と毎回いっしょに作業しています。
剪定の基本は、夏に花咲く葉が茂る木は冬場に剪定、冬に花咲く木は夏場に剪定するのが基本ですがなかなかそう言う訳にはいかず大体まとめて同時にします。

よく聞かれるのはいつ剪定すれば良いですか?と聞かれますが概ね木の種類により最適な時期があります。

しかし依頼で多いのが、梅雨後の木や草が伸びた時期や正月前に庭をきれいにして迎えたいということで12月が多いですね。
剪定住道矢田21剪定住道矢田
今頃ですが昨年9月の台風により割れた波板の貼り替えです。
昨年の台風から1年が経ちましたが、未だ波板が飛んだまま瓦がずれたままの屋根を見ることがありますが今回のお客様も昨年の台風で被害に会われました。

今回ようやく貼り換えされることとなりました。枚数は10枚、6尺のポリカ波板を貼り換えいたします。ベランダも明るくなりましたね。
波板貼り替え前 大阪市平野区瓜破波板貼り替え後 大阪市平野区瓜破
一年に1回ご依頼があり剪定や草刈りをやっております。しかしあまりにも雑草が多いので伸びないように除草剤を撒いてほしいと今回要望されました。

除草剤を散布すると樹木にも影響が出ますし、確かに雑草はしばらく生えてこないですが全く生えてこないというわけではありません。

しかしながら今回は樹木に影響ができるだけでない範囲で散布して1年後の状況を判断することにしました。
剪定草刈り1 大阪市平野区

剪定草刈り2 大阪市平野区

 

 
かなり年数の経つ瓦ではありましたので、雨漏りの場所を特定するのが難しくとりあえずは瓦の周辺をコーキングすることにしました。実際には天井から漏れているところから雨が持っているとは限らりません。

中で伝わってきていることが多いので広めにすることにいたしました。瓦がずれたり、割れたりしないように慎重に丁寧にコーキングを施しました。

米粒ぐらいの大きさで雨漏りはしますので、ざっくりではなく隙間の内容に丁寧にすることになります。
瓦漏水修理1

 
2019年4月12日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

竹は成長が早く1年で1m~2m伸びるそうです。ですから伐採が追い付かず今回の依頼となりました。

竹は正確に言うと枝ではなく根になるらしいです。たしかにいくらでも地面から生えてきますし一般的な除草剤は効きません。

竹専用のきつめの除草剤でなければなりません。
枝切り前 大阪市東住吉区枝切り後 大阪市東住吉区
2019年4月9日(修繕・リフォーム)

昨年の台風で瓦が飛んだ、ずれたという家は多かったと思いますが今回の方もそうです。

瓦自体は数枚ですが古い型の瓦はなかなか手に入りません。買う場合は数十枚単位でないと売ってくれません。

ですから瓦の代わりにトタン板や金属の板を代わりに使います。手順は瓦と瓦の間に形を付けた板挟み込み、瓦用ボンドやセメントなんかを付けて固めます。

見栄えはよくありませんがとりあえず雨漏りはしないようにとの処置です。
瓦修理前 大阪市東住吉区瓦修理後 大阪市東住吉区
2019年4月1日(修繕・リフォーム)

今回も昨年9月の台風によりはがれたトタン屋根の貼り替えです。

人が住んでおらず雨漏りがしていることに気づかずそのまま放置されていたようです。

屋根の上に乗るとトタン屋根は外れており、雨が降れば下にダダ漏れ状態であることがわかりました。

早急に新しいトタン屋根を貼り付けることにしました。幸いにも骨組みの桟木はまだ腐っておらず上から釘が打てるだけの強度はありそうでした。
トタン屋根修理前 大阪市城東区トタン屋根修理後 大阪市城東区
2019年1月10日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

昨年の台風で傾いた梅の木を2本元のまっすぐに戻す作業ですがなかなか手間がかかりました。

手順は、1、根っこが出るまで掘る

2、まっすぐ戻るまで根を切りながら徐々に戻していく。根は冬場なら少々切っても大丈夫なのです。

3、まっすぐ木が戻れば添え木をあてがってから根の周りに堆肥を混ぜる。水を掛けながら土を戻す。

4、すべての土を戻して根の周りに水をたっぷり掛ける。その際に周りはダムになるように土で壁を作り水が流れないようにするのがポイントです。

以上の作業を2本で4時間かかりましたがほぼまっすぐに戻りました。
木の修正前木の修正中

 

 

 

 
梅ノ木修正後