40年以上前の蛇口は、丸ごと交換でしか直らない

大阪市東住吉区

水回りの修理の事例

漏水修理作業


40年以上前の蛇口は、内部のパッキンを交換しても直らない場合があります。
基本腐食はしにくいのですが、やはり何十年も経過していますと水栓内部が腐食して表面がザラザラ状態になります。
そうなると新しいパッキンを入れても密着が悪いので、完全な止水は難しいです。
そんな時は丸ごと交換しかありません。
今回もそうのような結果でありました。