冬場に多い、トイレの詰まりについて

大阪市東住吉区

水回りの修理の事例

トイレ詰まり修理


意外とトイレの詰まりは冬場に多いのです。

その理由は、水が冷たいのでペーパーが溶けにくいとか、ビニール排水管が微妙に収縮しているとかが考えられます。

自分たちでも、スッポン(ラバーカップ)があれば通すことも出来ますが、逆にひどく詰まらせる場合もあるので注意が必要です。

ペーパーではなく大人用紙おむつやパンツとかだと配管まで行ってしまうと余計に厄介なことになりかねません。

ですので何が詰まったかにより対処が変わりますので注意が必要です。