便利屋さんに頼みたいけど出来る事、出来ない事は何?

便利屋に頼もうと思っている方が思うことは、
「何処に頼んで良いか、わからないからとりあえず便利屋かな」
「便利屋なら安くやってくれそうかな」
「専門業者に頼むほどでもないから便利屋かな」
という気持ちで持たれるのでしょう。

しかしその後に思うのが、
「本当にやってくれるのか」
「安かろう、良かろうで適当な仕事しか出来ないんじゃないかな」
「本当に何でもやってくれるのかな」
という疑問ですね。

便利屋の別の言い方としては、何でも屋とも言われていました。
最近では、便利屋のイメージを上げるためや高齢化社会でニーズが高まったこともあり
生活代行サービスや生活支援サービス業者などとも言われるようになりました。

お困り事すべて解決しますということで、本当に何でもできるのか?

どんな依頼でも受けるのか?法律に触れることもあるでしょう。
専門業者なみにやってくれるのか?家も建ててくれるのか。
何でもできるなんてあり得ないでしょう?どうせ素人工事でしょう。

どこに頼んで良いか分からない作業なら例えば、「行方不明になったペットを探してほしい」とか、ちょっとした作業なら例えば、「電球を交換してほしい」と言った事は便利屋に頼もうかなと思われます。

その後一度ご依頼のあったお客様から次は、庭の草刈りは出来るかとか不用品の処理の片付けは出来るか?と言ったご相談がきます。

私ども便利屋はどんな仕事をするかはお客様が決められるのです。
大工さんが水道の修理は出来ない、清掃業者の方なら草刈りは出来ませんと言うように専門の業者の方はサービスを業者側が決めています。

便利屋はお客様の困りごとに何でも対応しますが、仕事の内容を決めるのはあくまでもお客様なのです。
人の嫌がる仕事を頼みたいとか専門業者に頼むと高いからとかと言った理由で便利屋を利用する方もいらっしゃいます。
あくまでも仕事内容をきめるのは依頼であるお客様なのです。

例えば、自宅を売却することのなったとして、
家の中の不用品を片付けほしい、
片付けたあとは掃除もやってほしい。
家具の移動や配置換えも同時にやってほしい。
ついでに庭の枝木の伐採や草むしりもやってほしい。
トイレの水漏れも直して欲しい。
この様にやらなければいけないことが沢山あります。

一度に色々な作業を頼める、その日ですべて終わらせたい。それぞれの業者を探す手間が省ける。そんなお客様にはピッタリなのではないでしょうか。

ですから便利屋は何でもやる、何でも出来るからお困り事はなんでも相談ください、となります。

もちろん基本的に作業は私どもが自店でやりますがより専門的な作業や特殊な作業をすべて出来るわけではありません。

そのような場合は、協力業者の方を使ったりする場合もあります。
庭の剪定作業は植木の職人さんに応援に来てもらいますし、リフォーム工事をする場合は大工さんに来てもらったりしています。

家の解体作業の依頼を受けた場合は、家の中の不用品処理を当店が行いますが解体作業は専門業者を使います。

相談を受けた内容で出来ないことも有りますのでその場合は他の業者を紹介することもありますし、出来ないとお断りする場合もあります。

出来ない事としてはやはり法律にふれる事です。
例えば、猫を捕まえてほしいとかハトの巣やひなを撤去してほしいという依頼がよくきます。
これらは法律に違反します。動物を捕まえたり捨てたりすることは鳥獣保護法、動物愛護法と言った国の法律に違反します。
困るのがベランダにハトが巣を作った場合です。ひながいる巣を撤去することは鳥獣保護法に引っ掛かるのです。出来ないこともないのですが、方法としては狩猟免許を持っていると出来ます。

しかし現実に狩猟免許を持っている方を使うのも、まして事前に行政にハトの巣を撤去することを申請しなければならないことを考えるとこの作業は不可能といえます。
ではこの時はどうするかですが、ひなが巣立つまで待つしかありません。
巣だけなら撤去しても法律に触れません。
また生きているひなは捕まえることは出来ませんが、死んだひなは撤去してもかまいません。死骸処理は問題ありません。

ハトのひなが巣立ち、親ハトがいなくなった時に巣の撤去をやるとなればベランダはハトのフンだらけとなり、この清掃除去が大変な作業となります。
ハトのフンは有害ですので作業する際は、完全防備で行います。

色々な作業を依頼されるお客様は最初、ちょっとした作業の依頼であっても様々な相談をされてそれに応えるために我々もお役に立てるように努力します。

そのほか便利屋だから出来る仕事を紹介させていただきますと、
基本、大阪府内での作業が多いのですが依頼は他府県のお客さんからも年数件あります。
実家が大阪にあるけど、今他府県にいるので実家の草刈りをやってほしいと言った依頼は多いです。

以前に北海道の方からの依頼がありました。今、自分の会社の社員が大阪に遊びに来ているのですがお金が無くし困っているので替わりにお金をとどけてほしいということです。
方法は、オンラインで当店に送金してそのお金を持っていくということです。

こんな仕事は誰がやってくれます?
ちょっと怪しい依頼でもありますが、本当に困っているので自分らがやらないと他にやる人はいないなと思いました。
一番の要因は、電話を掛けてきた方が本当に困っているのが伝わり、なんか素朴な感じの方だったからです。
大阪に遊びに来ていた若い社員の方は、そんな社長の思いが伝わったかどうかわかりませんがお金を渡すと喜んでいました。

便利屋は大抵のお困り事は出来ますが出来ないことがあるのも事実です。
しかし気持ちは、お困り事は何でも相談してください。何でも出来ますと言い切ります!
実際に何とかなってきましたし、便利屋であろうと何でも屋であろうと決めるのは依頼者であるお客様ですから。

関連記事