かなり古い和式トイレなのですが流れが悪いということで排水管にカメラを入れてみたところ、プラスチックのような物が引っかかかっていました。

これはかなり厄介です。と言うのも和式トイレは便器が外せないからです。
排水管の出口から高圧洗浄かワイヤーで除去するしかありません。

しかしがっちりと固い物が詰まっていると高圧洗浄では吹き飛ばせません。
だが梵天(ラバーカップ)で圧力をかけると外れるかもとやったところ外れました。

しかし配管内は尿石で狭くなり表面がとげとげ状態でペーパーが引掛かり易くなっています。これを解消するために配管スケール除去剤(劇薬です)を注入し溶かすことにしました。

程なく尿石も取れて管内はスムーズになり流れも良くなりました。
へたすればトイレ丸ごとやり替えなければならならところでした。
トイレ詰まり修理 大阪市東住吉区
先日、洗面台の下から水が漏れているということで行って参りました。

原因は洗面台の中の排水管から漏れていたからです。
排水管の劣化でひび割れてわずかづつでありますが水が漏れていたようです。

排水管を新しいものに交換するしかありません。
洗面排水管漏水 大阪市東住吉区
本日は浴室の水栓からお湯が出なくなったと修理依頼が来ました。

混合水栓ですが年数はおそらく15年以上は経っているようでした。
原因は内部のカートリッジの劣化であると思われますが全体的な劣化具合から
カートリッジ交換で治る可能性は無いと判断しました。

何故ならカートリッジ自体がそこそこ金額が高いのと、取り寄せに日数がかかるからです。

まだ10年以内の混合水栓であれば交換で治る可能性がありますが、古い混合水栓ですと治らない事が多いのです。そうするとカートリッジが無駄になりますね。

本体丸ごと交換も高くなりますが長い目見ればその方が得策と言えます。
浴室混合栓取替 大阪市平野区
本日は大阪市東住吉区でトイレの排水管がすぐに詰まるので何とか
して欲しいというご相談を受けました。

トイレが詰まるが原因は便器に異物が引っかかったり大量に物を流したりが多いですが排水管や会所による原因が多いです。

今回は会所(マンホール)に原因がありました。

会所内部の底や回りのセメントが欠落してそこにトイレットペーパーなんかが引っかかりやすくなった状態だったためです。

その内部を陥没したところやザラザラになったところを滑らかに成型する必要がありました

内部のセメントの補修は一旦はつり機で表面を削り取り、新たにセメントの上塗りして滑らかに時間を掛けて成型(インバート)します。

セメントが有る程度固めるまで時間がかかりますので夕方までは水を流すのを
止めていただく事が大事です。
でないと折角成型したのが流されてしまいますからね。
排水会所修理前 大阪市平野区大阪市平野区排水会所修理後 
先日洗面台の混合水栓が固くなりレバーが動かなくなったということで修理に伺いました。

おそらく水栓の中のカートリッジがダメになったんであろと思いました。
カートリッジは消耗品であり水栓によりそれぞれ違うので品番を調べて取り寄せになります。

このカートリッジが値段が高く5,000~9,000円します。洗面台の一式として売られている時は安いのに、カートリッジだけですと値段がとても高いです。

ですから品番をよく確認し間違わないように取り寄せなければなりません。
またカートッジを変えても治らない場合がありますので、あまり古い混合水栓は丸ごと交換するほうが間違いない場合があります。
混合水栓修理前 大阪市東住吉区
床から水漏れがある場合は、まず確認として水道メーターが回っているか確認をする。それから水栓があるところの付近が水が濡れていないかを確認してください。

水漏れが目で確認できるくらい水が濡れているところがあれば発見が早いですが、そうでない場合はなかなか発見に時間がかかります。

専門の漏水発見器を使い音で探す方法もありますが素人の方にも難しく器具自体が高価ですのでやはり専門の水道業者に頼んでいただくほうが良いでしょう。

今回は、やはり地中の給水ビニール管から漏水があり無事漏水を止めることができました。画像のような漏水発見器(聴診棒)を使い、わずかな水の音を見つけることが出来ました。
給水管漏水修理 東住吉区漏水発見器

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
先日天井から水漏れがしているということで行ってきました。
天井のあちらこちらから水漏れがしています。水道メーターが回っていないことから恐らく排水管ではないかと思いました。

天井に点検口がありましたのでのぞいてみますと排水管が割れているとか外れていることもなく2階の床からもれているようです。

これは流し台か風呂場からの水漏れであると確信しましたが、風呂場の床からの漏水を見つけるのは不可能、流し台の排水管はなんとか床下を外し排水管を見ることができました。

見つけてすぐに原因が判明、排水管のホースが破れておりました。この破れ具合からして2,3ヶ月前から漏水していたと思われます。
おそらく天井裏は水浸し状態になっていると思います。
排水管漏水修理 東住吉区排水水漏れ流し 東住吉区
トイレで水の止まりが悪いということでお伺いいたしました。
タンク内で水漏れがしている場合はボールタップかフロート弁のどちらかかあるいは両方が悪くなっているのが原因です。

今回はフロート弁(サイフォン)側でした。年数が古くなければゴムフロートの交換で治りますが、それでも治らない場合はフロート弁自体の取替が必要でです。

タンクの種類によりフロート弁はそれぞれ異なりますので、部品を調べて取り寄せになることが多いので後日改めて修理することになりました。

フロート弁の取り替えはタンクを便器から外しての作業になりますので、付帯するパッキンやボルトも新しいのに取り換えなければ水漏れしてきます。

作業時間は、おおよそ1時間程度でしょうか。
トイレタンク修理1 大阪市東住吉区トイレタンク修理2 大阪市東住吉区

 
今回は、どこかで水が漏れているので調べてほしいという相談を受けました。
家の中で水が漏れているなんか普通なかなか気づかないでね。

水道の蛇口からやトイレで漏れていることなどは肉眼でわかりますがそうでない場合は発見がむずかしいです。

水を使っていないのに水道メーターは回っている時は、間違いなくどこかで漏れています。

今回は漏水を発見する道具を使い、家の中、屋外あらゆるところを調べて発見いたしました。
漏水 平野区
2019年3月8日(水漏れ詰りの修理・水道トラブル)

今回はトイレの水が出なくなったということでお伺いしました。

原因はボールタップのダイヤフラムという部品の劣化により出が悪くなったという事です。

このダイヤフラムですがホームセンターでも売られているものですがあまりなじみがないので知らない方が多いです。

ただし2種類ありますのでサイズを間違えないければこの部品の交換で直るケースが多いです。
トイレ修理 大阪市東住吉区