2019年4月12日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

竹は成長が早く1年で1m~2m伸びるそうです。ですから伐採が追い付かず今回の依頼となりました。

竹は正確に言うと枝ではなく根になるらしいです。たしかにいくらでも地面から生えてきますし一般的な除草剤は効きません。

竹専用のきつめの除草剤でなければなりません。
枝切り前 大阪市東住吉区枝切り後 大阪市東住吉区
2019年1月10日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

昨年の台風で傾いた梅の木を2本元のまっすぐに戻す作業ですがなかなか手間がかかりました。

手順は、1、根っこが出るまで掘る

2、まっすぐ戻るまで根を切りながら徐々に戻していく。根は冬場なら少々切っても大丈夫なのです。

3、まっすぐ木が戻れば添え木をあてがってから根の周りに堆肥を混ぜる。水を掛けながら土を戻す。

4、すべての土を戻して根の周りに水をたっぷり掛ける。その際に周りはダムになるように土で壁を作り水が流れないようにするのがポイントです。

以上の作業を2本で4時間かかりましたがほぼまっすぐに戻りました。
木の修正前木の修正中

 

 

 

 
梅ノ木修正後
2018年5月19日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

3年程前にさせていただいたお客様から同じ依頼で庭木や家の周辺の雑草や木の伐採に行って参りました。

3年前にきれいに刈ったのではありますが3年経つとおそらく以前の状態に戻っているのではないかと想像していましたがやはりその様になっておりました。

作業は2名で4時間掛かりで廃棄する雑草や枝木は軽トラック満載になるまでありました。
草刈り木の伐採前 富田林市草刈り木の伐採後 富田林市
2018年4月8日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

あるお客様の庭の草引き(手作業で雑草を引き抜く)作業をしました。

草引きは地味な作業ではありますがとてもしんどい作業ではあります。しゃがんだ状態で何時間もやらなければなりませんので腰にも負担がかかります。

2日にわたり作業しましたが2名で述べ8時間行いました。

草引きで注意する点は雑草と抜いてはいけない草花を事前に確認することです。見極めが難しい雑草がありますので注意が必要です。
草引き 松原市高見の里
2018年2月22日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

年一回の草刈りと剪定に大阪市東住吉区で行いました

この時期の草刈りはすでに雑草は枯れておりますが倒れていますので逆に刈払機を使うと刈りにくい面もあります。

また雑草が倒れていると雑草ではない植物がわかりにくく間違って刈ってしまう事がありますので注意が必要です。

ですから予めお客様から事前に植物の場所などを確認しておく事が大事です。
草刈り 大阪市東住吉区
2018年2月6日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

今回は松や椿、山茶花、モチノキなどのあるお庭の剪定作業を行いました。

つつじや椿、山茶花などは形を整えるものが多くありましたので刈込鋏や電動バリカンを使い剪定を行いました。

某メーカーの電動バリカンはとても切り口が手で刈り込んだような切口ですので仕上がりがとてもきれいです。

庭師さんに言わせますと、仕上がりの上手さはセンスだと言われています。美容師と同じで切る方のセンスが良いときれいな仕上がりになると言われています。
剪定前 奈良市剪定後 奈良市
2018年1月21日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

毎回4名で作業に臨み1日目一杯かかります。と言いますのも庭も広いのですがこの本数が多く、特に松やマキの木が多く時間がかかります。

いつも応援に来てくれる植木職人さんには松の木や背の高い木の剪定をお願いしています。

わたしも16年剪定に携わっていますのでそこそこきれいに仕上げる力は身についたと勝手に思っています。何事も自信と自己満足が大事です。
剪定前 東住吉区住道矢田剪定後 東住吉区住道矢田
2018年1月6日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

これは昨年の暮れに作業した件ですが、空き家になっている家の周辺の雑草や伸び放題の植木をすべてきれいに刈り取る作業でした。

刈り取った後は除草剤を散布して、植木についてはもう生やし卓たくないという事でしたので根殺し(根を腐らせて生やさない)も行いました。

処分量は、軽トラック1車程度は出てきましたね。
雑草刈り 堺市
2017年10月20日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

笹や竹、雑草の除去を東大阪で行いました

今回は空き地の外周(塀際だけ)を刈る作業に行って参りました。

生えているのは笹竹がたくさん生えていました。この笹はいわゆる細い竹で雑草と違い固いので竹用の刈刃でないとなかなか切れません。

あと作業の行く手を阻んだのが空き缶やペットボトルなどのゴミです。

道路沿いということでゴミをどうしても投げ入れらやすいのですね。

草を刈っていてもすぐに空き缶やごみが噛んでしまうのでなかなか前進できませんでした。
笹竹草刈り前 東大阪市笹竹草刈り後 東大阪市
2017年10月10日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

先日に草刈りと除草剤散布を終えた畑に防草シートを貼り付けます。

今回のシートはお客様が用意されたのですが生地は透けるくらい薄い生地であります。

シートの下で草は生えてきますがある程度は伸びますがシートで抑え込まれてそのうち枯れるというのが狙いみたいです。

ピンは70CM置きに返りの付いたピンを使用し、ここがポイントですが帰りのない単なる釘状のピンでは草の成長に押されてピンがだんだん抜かれるようです。

ですから草の勢いに負けない返りの付いたピンを打ち込みます。
防草シート貼付け後 大阪市東住吉区防草シート細部 大阪市東住吉区