2016年3月21日(サービスパック・あれこれお困り事)

本日は引越しに伴い不用品を処分されるのと退去後のマンションのハウスクリーニング作業に行って参りました。

この時期はこのようなご依頼が多いです。

不用品は普段なかなか捨てる機会がないので引っ越し時に思い切って処分されるのが良いです。

10年以上住まわれていたので、やはり水廻りの汚れが残っています。

経つ鳥跡を濁さずということわざの通り長年住んだ家はきれいにして出ていきたいですね。

この気持ちわたしはよくわかります。
わたしも以前は仕事の関係で引越しを何度もしました。

その時その時住んだ部屋はやはり思い入れがあります。
せめて出ていくときはきれいにして感謝をこめて退去したいですね。
2016年1月10日(あれこれお困り事)

本日は手紙の代筆作業のお手伝いに行って来ました。

昨年に病気で右半身がまひしペンが持てなくなったお客様からの依頼ですが、
内容が身内や知り合いの方に知られたくないので当店に依頼されたのです。

考えながらの執筆ですので時間はかかりました。
約3時間かかりましたが当店を信頼し依頼くださりありがとうございます。

またお困り事がございましたら、何でもご相談ください。
景気が悪いと言えども中小企業はがんばっていますね。この不況の中、どの企業も経費節減や縮小傾向ですがそんな中で逆に活気ある企業もあります。中古リサイクル店やホームセンターやアウトレット店ですね、しかし中古やアウトレットと言っても新品同等の物が多いです。不況で倒産品や買取品が増えているのと消費者や企業が買い求める需要が多いからだそうですが何でも買い取ってくれるわけではないのでご注意を。粗大ゴミや不用品も使えればゴミではなくなりますのでいいんではないでしょうか。
連日テレビでは不況、不況を煽っているようにも思いますが、たしかに不況なんでしょうがこの不況になるまでに格差は出てましたよね。

今大変なのはもともと所得の低かった人やすでに借金を多額に抱えていた会社は厳しいでしょうが、去年あれだけ儲けていた大企業は溜め込んでいた金があるでしょうがといいたいですね。

不況を理由に賃下げや人切りをやってんだろうと思いたくなります。皆が不況と思っているうちは絶対、景気は良くなりません。

ちょっと明るい兆しが見えてきたなと思えてくるとすぐに回復します。

今は体力を温存してなんてと思っている人や経営者の方は多いと思いますが、政府やアメリカ頼みでも結局良くなるのも悪くなるのもひとりひとりの思いだと思います。
例年いまの時期では、12月中頃以降の予約が入ってくるのではありますが今年はやはり景気後退のせいでしょうか、少ないようです。

まんべんなく仕事があればいいのですが、どうしても20日以降にどっとくるような気がします。(このまま少ないままだと、正月の餅が買えませーん)
いよいよ12月に入り、一年で3月に並びぐらい忙しい時期になったのですが今年はどうでしょうか。

とにかく誰に聞いても景気が悪くなって仕事がない、売れないとかしか聞かれません。景気が悪くなると引越しする方も減るといいますし、掃除なんかも今年は自分達でやろうかということになります。

まぁなるようになるしかないですけどね・・・。
  • 1