2017年2月13日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

剪定と草引き作業を大阪市東住吉区で行いました

今回は3年間放置した庭の剪定と草引き作業に行って参りました。

ここ最近は雨が多く心配でしたが、晴れ男の私が外でやる作業の場合はほぼ晴れてくれるので天気予報は午後から雨でしたが決行しました。

雑草については出来る限り根っこから引き抜いてほしいという事でしたが、雑草が柔らかく切れてしまうのです。

しかし出来る限り引き抜きまして2名5時間かかりました。

剪定の方はいつも頼んでいる12年のお付き合いのある植木職人さんにお願いし、マキの木やモモの木、みかん、狼狽など剪定して頂きました。

雑草が思った以上に多く、雑草、枝木で軽トラックが満載になりました。

作業は9時から始め、午後3時に終わりましたが、終わった途端に雨が降ってきました。やっぱ晴れ男ですね。
剪定草引き前 大阪市東住吉剪定草引き後 大阪市東住吉
2017年2月8日(不用品処分・不要品回収のお手伝い)

不用処分片付け、そうじのお手伝いを大阪市平野区で行いました

今回は、マンションの引越しに伴う不用品の処分するために片付けや整理、後の掃除のお手伝いに行って参りました。

30年住まわれた部屋で3DKの広さがあり引越しを終えた後の作業です。処分の量は約1.5トン分ありました。

お子さんも独立され、引っ越し先は2DKで狭くなるので1/3近くは廃棄することになったということです。

でも実際には長年仕舞いっ放しの服や小物が多くこの機会がなければ片付けることもなかったとおっしゃられていました。
片付け 大阪市平野区
2017年2月6日(不用品処分・不要品回収のお手伝い)

不用品の片付けや処分のお手伝いを大阪市平野区で行いました

先日、ある住宅で部屋を退去しなければならず不用品の片付けや処分を手伝ってほしいということで行って参りました。

場所は公営住宅の2DKの間取り、階段の4階でした。いわゆる遺品整理ということでお客様と一緒に家財の片付けや整理、運び出しをお手伝いしました。

やはり階段の4階ということで時間がかかります。2名で伺いほぼ1日がかりで行いました。

やはり階段はつらいですね。
不用品処分手伝い 大阪市平野区
2017年2月5日(エアコン取付け・ガス補充)

エアコンのフルガス補充を東大阪市で行いました

先日、エアコンのガスが抜けてしまっているという事でガス補充に行って参りました。

冬場のガス補充はなかなか難しく時間がかかります。基本ガス補充は冷房運転でなければ出来ないからです。

今回は中古のエアコンを購入されて取付けた職人からガスが無いということだったので、一から真空引きを行い、R32を規定量を補充いたしました。

ガスが無いと当然暖房でも暖かい風が出ないのでガスの補充が必要ですが冷房時に比べれば多少ガスが抜けていても暖房は効きます。

今回は、ガスが空の状態でしたのでフルガス補充となりました。
エアコンフルガス補充 東大阪市
2017年2月4日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

先日、畑の防草シートの貼り付けに行ったお客様の所へ引き続き言って参りました。

今回は別の雑草対策で、植木の回りに固まる土をまく作業です。使うのは「カ○カ○君」という商品ですが、固まる魔法の土と言われています。

この土は雑草を抑制し、水は浸透させて回りの草木には影響が出ないというものでしかも砕いて放置すれば土に還元するという優れものです。

ですから雑草を生やしたくないところや土ぼこりや雨でぐじゃぐじゃになるところに撒けば効果的ということです。

しかし20kg1袋で2,3cm盛ると50~100cm平米しか撒けないので、広範囲に撒こうと思えばかなりの量が必要です。

今回は9本の植木の根元に撒くので9袋用意しました。費用は約3万円程度かかります。
防草砂 大阪市東住吉区
2017年2月3日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

先日、ある畑の防草シートの貼り付けに行って参りました。

防草シートを貼り付ける場所は畑のあぜ道で長さは約50m、
防草シートも50m×1.5mのサイズでした。

防草シートを貼るコツは、貼る前に草刈りをし除草剤を散布して、雑草をある程度枯らしてからするのがベストです。

そうするとシートが地面にぴったりと貼り付けることが出来るのです。またシートを固定するピンは出来るだけ多い方が良いですが、

なかなか大変な作業となりますので、大体は横巾には50cm間隔、縦には70cm位が良いでしょうか。

となると50m×1.5mのシートですと約300本のピンを打たなければなりません。ピンが差しにくい所もありますので、2名で作業しても5,6時間はかかります。
防草シート貼り付け前 東住吉区防草シート貼り付け後 東住吉
2017年2月2日(修繕・リフォーム)

今回は壁の板がはがれているのでその修理に行って参りました。

依頼のあったお宅は築100年近いらしく木の板が所々剥がれてきているので新たに板を貼る付けることにしました。

内側が土壁ですので雨がかかると崩れてくるという事です。ホームセンターで似たような色の板を探し、ちょうど良い、古びた焼けた感じの板を見つけました。

高い所は3階ぐらいの高さもありなかなか取付けは大変でした。

二人で約4時間かかりましたがお客様は大満足です。
板塀修理 東住吉
2017年2月1日(害獣駆除・死骸処理)

一ヶ月前に、屋根裏に侵入する猫を入れさせない対策として網で塞いだ施しをしました。
が、猫に潰され侵入されてしまいました。うーん、頑丈に付けたのですが甘かったのか、猫の執念に負けたのかやられてしったのです。

それで再度、より強固な網に頑丈に止めました。これでまず大丈夫でしょう。
猫避け対策その2 大阪市東住吉区
2017年1月15日(ハウスクリーニング・そうじ)

恒例の1年に1回、年始のフロアワックス掛けを大阪市東住吉区で行いました

今回は毎年1年に1回はく離作業をしてワックス掛けをしています医院さんに行って参りました。

こちらの医院は二ヶ月に1回の割合でフロアのワックス掛けをしております。

普段は表面を軽く洗浄しワックスを掛けているだけですので月日が経つとどうしてもワックスの変色や細かい汚れは付着していきます。

ですから1年に1回はく離(塗り重ねたワックスを全部きれいにはぎ取る)を行った方が良いのです。

このはく離時間と手間がかかります。普段2名で3時間程度の作業も3名で1日かかりとなります。
フロアワックス掛け 大阪市東住吉区
2017年1月13日(害獣駆除・死骸処理)

今回はあるお宅に数年前から天井裏に猫が侵入するのでその対策に行って参りました。

画像で分かると思いますが屋根下の通気口が外れてそこから侵入していたようです。ここをネットを貼りかつ有刺鉄線で囲み取付けて訳ですが・・・。
猫対策 大阪市東住吉区