今年は景気が悪いせいか、少しでも安く済ませようという方が多くて引越しも例年に比べ少なかったです。

昨日も引越しの手伝いがあったのですが、大きな家具や電気製品は自分たちで運んで小さな荷物(ダンボールに入る物や袋に入る物)は宅配便で配達してもらうというやり方をされている方の所に行きました。

段取りや準備は大変ですが、引越し屋さんに頼むのに比べかなり安くすんだらしいです。
連日テレビでは不況、不況を煽っているようにも思いますが、たしかに不況なんでしょうがこの不況になるまでに格差は出てましたよね。

今大変なのはもともと所得の低かった人やすでに借金を多額に抱えていた会社は厳しいでしょうが、去年あれだけ儲けていた大企業は溜め込んでいた金があるでしょうがといいたいですね。

不況を理由に賃下げや人切りをやってんだろうと思いたくなります。皆が不況と思っているうちは絶対、景気は良くなりません。

ちょっと明るい兆しが見えてきたなと思えてくるとすぐに回復します。

今は体力を温存してなんてと思っている人や経営者の方は多いと思いますが、政府やアメリカ頼みでも結局良くなるのも悪くなるのもひとりひとりの思いだと思います。
本日、ご年配の方からのご依頼で物置の運搬作業をいたしました。

2Fベランダから吊り下ろして、グランドまでの搬入です。なんでもグランドゴルフをされていて、その道具入れに使用されるとのこと。

しかし、年寄りばかりだからと言われていましたが皆さん元気な方ばかりで、生き生きされていました。

私どもには依頼として多いのが遺品整理ですが、いわゆる孤独死なんかもあります。孤独死をされる方は近所付き合いがない、身内がいない、病気で家にこもったまんまという方が多いそうです。

今日のようなご年配の方々ならそういったことは防げるんでしょね。
寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

先日、一軒丸ごと不要品や粗大ごみなどの片付けのお手伝いをいたしました。築60年近くらしくとにかく物がいっぱいで古い物が沢山ありました。

出てきた新聞をみますと昭和38年のものがあり、思わず読んでしまいましたが、スポーツ欄には相撲の大鵬や柏戸の名がありました。

中には貴重や本や雑誌なんかもあったのでしょうが、お客さんはだんだんしんどくなってきたらしく、「全部捨てます!」とやけくそになっていました。そりゃそうでしょう、丸3日かかったんですから。
家の売却に伴い家の中の家財や家電品などいっさいがっさい不用品の片付けをされることになりお手伝いに伺いました。

処分量はおおよそ6トン分ありそうでしたがこれななかなかの量です。
身内の方で3日かけて片付けをすでにされていましたがそれでもなかなか片付かずご依頼がありました。

やはり片付けは慣れていないとしんどいですよね。
例年いまの時期では、12月中頃以降の予約が入ってくるのではありますが今年はやはり景気後退のせいでしょうか、少ないようです。

まんべんなく仕事があればいいのですが、どうしても20日以降にどっとくるような気がします。(このまま少ないままだと、正月の餅が買えませーん)
いよいよ12月に入り、一年で3月に並びぐらい忙しい時期になったのですが今年はどうでしょうか。

とにかく誰に聞いても景気が悪くなって仕事がない、売れないとかしか聞かれません。景気が悪くなると引越しする方も減るといいますし、掃除なんかも今年は自分達でやろうかということになります。

まぁなるようになるしかないですけどね・・・。
10月に入り大分すごし易くなってきましたね。先日、トタン塀の取り替えの作業に行きました。

やはり見栄えも大事ですので釘の位置をびっしと揃えて、きれいに仕上げることが出来ました。

我ながらきれいに出来たと思います。お客さまにも大変喜んでいただきました。
3月に入りいよいよ本格的な引越しシーズンに入りましたが、まだ引越しの準備やいらなくなる家財の処分をどうしようかとお悩みの方も多いと思います。

なかなか忙しくて見積りや調べている暇がないからだと思いますが、めんどくさくてもとりあえず問い合わせや見積りだけでも早めにしておいた方がいいですよ。

直前に頼んだり、とにかくやってほしいと頼むと足元をみられて、ぼったくられますよ。
暦の上ではすっかり秋になりましたがまだまだ暑い日が大阪では続いています。

今年は異常な暑さのせいか害虫駆除の依頼が多かったです。中でも蜂の巣駆除が多いですね。

もし蜂の巣を見つけましたら、当然のことながらむやみに触らないこと、昼間蜂が居ないからといって巣だけを落とさないことです。

蜂はこちらからちょっかいを出さない限り攻撃はしてきません。ただし、黒い物に反応しますので、巣に近づく場合はなるべく黒い服を避ける、白い帽子を被るなどの安全策をとります。

また、巣だけ取っても蜂自体は生き残っていますので、また巣を作りますので必ず巣と蜂を同時に駆除しなければなりません。

スズメ蜂は生命に関わりますので業者に依頼されることはもちろん、アシナガ蜂でも大型の種類になりますと大変危険ですので業者に依頼されることをすすめます。