庭木の手入れや剪定などを自分でされう方も多いと思いますが、そろそろ気を付けないといけないのが害虫です。

なかでもチャドクガはとても怖いのです。私自身も2年前にやられていらいそのかゆみや腫れに悩まされています。

サザンカやツバキを植えている方は特に要注意ですので、しっかり害虫予防をしてください。

庭木の手入れをするときは暑くても長袖を着て、もし発見したらその木はさわらずに薬を散布してください。

また、チャドクガの毛が地面に落ちていたりもしますので注意してください。からだにかゆみを感じたら皮膚科に行くのがいいでしょう。

その日はお風呂に入らず(シャワー程度なら可)、からだを冷やすことです。
やはりこの時期はハトの被害に関する依頼が多く、先日も言って参りました。

一軒目はかなり悲惨な状況でひながカラスにいたずらされて首がない状態、現場は血が飛び散り凄惨な状態でした。

2軒目はまだ卵の状態でしたがベランダはハトのフンだらけでとても洗濯物を干せるベランダではなかったです。

やはり共通していえるのが外から見てハトが巣を作るのに適していたことですね、物が置かれていて外からは巣が見られにくいことです。

ハトを来させない一番の方法はネットを張ることですが、最低限の方法としてベランダに物を置かないこと、ただしエアコンの室外機は仕方ありませんが出来れば室外機の裏は壁と離すことをすすめます。

何にも無い状態であればハトは巣を作ろうとはしません。
やはりこの時期はハトの被害に関する依頼が多く、先日も言って参りました。

一軒目はかなり悲惨な状況でひながカラスにいたずらされて首がない状態、現場は血が飛び散り凄惨な状態でした。

2軒目はまだ卵の状態でしたがベランダはハトのフンだらけでとても洗濯物を干せるベランダではなかったです。

やはり共通していえるのが外から見てハトが巣を作るのに適していたことですね、物が置かれていて外からは巣が見られにくいことです。

ハトを来させない一番の方法はネットを張ることですが、最低限の方法としてベランダに物を置かないこと、ただしエアコンの室外機は仕方ありませんが出来れば室外機の裏は壁と離すことをすすめます。

何にも無い状態であればハトは巣を作ろうとはしません。
この初夏の季節は小動物も活発になりまして、巣つくりや産卵し始めます。

それに伴いこれらに関わる依頼が増えてきます。例えば、蜂の巣駆除、ハトの巣の駆除、ねこの駆除です。

ねこの駆除と言いましても人間の手でねこを捕まえるのは不可能なので、ねこが侵入できないように対策をすることです。

しかし事前に気を付けることと言いますと、ハトに巣を作られないためにはベランダにも出来る限り物を置かないことよく作られるのは、物置の下や後ろなのです。

エアコンの室外機は仕方ありませんが出来れば室外機と壁との間を開けるようにして下さい。

これは何故かというとハトは天敵のカラスやねこから見つかりにくいような場所を選びますので、出来る限りオープンな状態にしておくと(外から見やすい状態)作られにくいのです。
この初夏の季節は小動物も活発になりまして、巣つくりや産卵し始めます。

それに伴いこれらに関わる依頼が増えてきます。例えば、蜂の巣駆除、ハトの巣の駆除、ねこの駆除です。

ねこの駆除と言いましても人間の手でねこを捕まえるのは不可能なので、ねこが侵入できないように対策をすることです。

しかし事前に気を付けることと言いますと、ハトに巣を作られないためにはベランダにも出来る限り物を置かないことよく作られるのは、物置の下や後ろなのです。

エアコンの室外機は仕方ありませんが出来れば室外機と壁との間を開けるようにして下さい。

これは何故かというとハトは天敵のカラスやねこから見つかりにくいような場所を選びますので、出来る限りオープンな状態にしておくと(外から見やすい状態)作られにくいのです。
本日は猫の死骸処理に大阪市東成区に向かいました。

現場はお風呂屋さんの屋根の上でしたがすでに腐敗が進んでいました。
虫が湧いてきて気付かれたようです。

屋根の上に上り駆除や消毒作業を行いましたが傾斜きつくなかなか大変でした。

何でこんなところに言うところで猫は死にますが、元々はよく来ていたところに最後、人目に付かないように死に場所を選ぶといいますが死なれた方は迷惑ですね。
5月に入ったとたんに草刈りや枝切りの依頼が急増しました。

急に暖かくなりいっきに草木が伸び目立ってきたんでしょうね。私どもにとってもこの時期に作業をやるのが一番最適なのです。

まだそんなに暑くも無く、蚊もいなくて、害虫(チャドクガ、イラガ等)も活発ではないので。

できればこの時期に沢山依頼がきてほしいものです。
景気が悪いと言えども中小企業はがんばっていますね。この不況の中、どの企業も経費節減や縮小傾向ですがそんな中で逆に活気ある企業もあります。中古リサイクル店やホームセンターやアウトレット店ですね、しかし中古やアウトレットと言っても新品同等の物が多いです。不況で倒産品や買取品が増えているのと消費者や企業が買い求める需要が多いからだそうですが何でも買い取ってくれるわけではないのでご注意を。粗大ゴミや不用品も使えればゴミではなくなりますのでいいんではないでしょうか。
今年は景気が悪いせいか、少しでも安く済ませようという方が多くて引越しも例年に比べ少なかったです。

昨日も引越しの手伝いがあったのですが、大きな家具や電気製品は自分たちで運んで小さな荷物(ダンボールに入る物や袋に入る物)は宅配便で配達してもらうというやり方をされている方の所に行きました。

段取りや準備は大変ですが、引越し屋さんに頼むのに比べかなり安くすんだらしいです。
連日テレビでは不況、不況を煽っているようにも思いますが、たしかに不況なんでしょうがこの不況になるまでに格差は出てましたよね。

今大変なのはもともと所得の低かった人やすでに借金を多額に抱えていた会社は厳しいでしょうが、去年あれだけ儲けていた大企業は溜め込んでいた金があるでしょうがといいたいですね。

不況を理由に賃下げや人切りをやってんだろうと思いたくなります。皆が不況と思っているうちは絶対、景気は良くなりません。

ちょっと明るい兆しが見えてきたなと思えてくるとすぐに回復します。

今は体力を温存してなんてと思っている人や経営者の方は多いと思いますが、政府やアメリカ頼みでも結局良くなるのも悪くなるのもひとりひとりの思いだと思います。