本日は、 トイレの詰まりの処理  に行って来ました。

聞くと、5年ぐらい前から流れが悪いということで、その都度ぼんてん(正式名称:ラーバーカップ)で詰まりを抜いていたと。

便器自体は7年前に全面リフォームした際に新しくしたということですが・・・。 これは便器に何か(診察券、ハンカチ等々)、完璧に詰まらせないで隙間が出来る程度の異物が挟まっているに違いない。

現場で水を流してみて、会所の排水の流れを見て判りました。便器の中で間違いなく何か動くものが挟まっているに違いない。

便器をすべて外して、排水口を見てびっくり!! なんと排水管がビニールテープで塞がれているではないか!わずか2cm程度の穴が空いているだけでした。

当店は水道屋なのですぐにわかりましたが、設備工事は仕込み配管を床下や壁内に事前に施工しておきますが、その時に排水管にゴミが入らないようにビニールで仮の蓋をしておきます。

そして、内装工事が終わり、便器を設置するときにテープを外します(当然ですわな)。 そのテープを外さずに、その上から接続用のビニール管を差し込んだということです。

しかし、考えられん凡ミスです、というか、わざと? と思うぐらい嫌がらせに近いです。 無事 に修理して流れを見てお客さんは、「よう、流れてるねー」と、いやいやこれが普通です。

ちなみに、リフォームした工務店はつぶれて無かったらしいです。
本日は、粗大ごみや不要品を処分するための搬出作業に行って来ました。

自治体によってはまだ無料で回収してくれるところがあるのですね。ちなみに大阪市は、有料で事前に支払って申し込みます。

今回は、外へタンスや大型家具、鏡やガラスを搬出だけをしてほしいという依頼でしたので、まぁ家具移動作業ということでしょうか。

この先、普通に出す燃えるゴミも有料化がすすんでいくであろう時代に、粗大ごみを無料で引き取ってくれる自治体もあり、行政のトップの考え方の違いか、自治体の財政力の違いか、住民の意識の違いかでしょうね。
本日は、鳥獣被害でお困りの病院の方からの依頼で対策に行って来ました。

ハトによるフンや鳴き声がうるさいので、なんとか来させないようにするハト対策ですね。

まず屋根の上に上がり、ハトのフンの掃除を行い、きれいにしてからハト除けには屋根に留らせない為に先の尖がった樹脂製の物を8mにわたり設置いたしました。

屋根全体は不可能なので、ハトがよく止まる位置に設置いたします。これによりハトがその尖がりに怖れをなして止まる事はないでしょう。
本日は、浴室の混合水栓の取り替えに行って来ました。

おそらく30年以上は使っていたであろう古い古い水栓金具でした。かなり前から水がポタポタと漏れていたようでした。

しかし幸いにも水道メーターが回る程の水漏れではなかったのでそのままにされていました。

しかし風水学上は、水漏れはお金が流れる、貯まらないと言われていますので良くないのでしょうね。
本日は、通販家具の組み立て及び家具の移動作業に行って来ました。

女性から依頼でネット買ったベットと整理タンスでしたが、ベットは引き出し付きでしたのでその分時間がかかりました。タンスも引き出しが多くなかなかの物でした。

こういう組み立て家具に共通して言えることですが、部材ごとに生産しておりますので部材同士の組み合わせというか掛け合わせ同士というか、差し込む穴の深さが多少ずれていることが多いのです。

普通の方が組み立てられる場合に隙間ができることになります。これでよくメーカーに苦情を言われますが、これは組み立てられる際のやり方に問題があります。

要はゴムハンマー等で多少きつめに叩き付けるぐらいに組み合わせないと隙間が出来るのです。どうしても割れるのを恐れて組み合わせているだけになります。

もちろん割れない程度の加減は必要ですが。要は思い切りと慣れですね。
本日は、トイレのトラブルで水が流れっぱなしの修理に行って来ました。

トイレのロータンク内のボールタップや排水弁(フロート弁)の劣化による不具合なので交換となりました。

これらの部品は色々なメーカーから出ていますが特にボールタップは最近、万能タイプのマルチボールタップが出ていますが私は純正にこだわります。

T●T●ならそのタンクにあった物を使うようにします。古いタイプだとメーカーに問い合わせしなければならないので時間が掛かりますがやはり純正の方がいいです。

合うものがなければ(生産中止の物)、万能タイプにしています。排水弁は特に純正した方がいいです。その方が確実に止まりますので。
本日は、不要品処分のお手伝いに行って来ました。

3LDKのマンションで引っ越しに伴いこの際に不要な物を処分されると言うことです。

各部屋に分散して物が棚等に置いて有りましたのでぱっと見はそれほど無さそうな感じでしたが、袋や段ボールに詰めていきますと最終的には軽トラック2台相当の不要品がありました。

詰め込みに少々時間がかかりましたが、お客さまもこれでやっとすっきりしたと安心されていました。
本日は、昨日のお客さまの自宅のハウスクリーニングに行って来ました。

店舗と同様に年末は忙しく時間がないので、年明けの大掃除となりました。3名で、6時間掛りでした。

それでもかなり慌ただしく作業をすすめましたので十分な掃除ができなかったですが、時間とご予算の関係もありお客さまは納得していただき喜んでいただきました。

床のワックスクリーニングも希望されましたが、後日の作業となりました。
本日は、あるお店のフロアワックスクリーニングに行って来ました。

当店もそうですが年末大みそかまで営業されていたので店舗の大掃除をする時が無く、毎年年明けにされています。

剥離洗浄からやりますので、それこそ1日作業となります。ポリッシャーが入らないところは手作業となりますので、高速で腕を動かします。また来年もお願いします。
本日は、草刈りに行って来ました。

この時期ですので雑草も枯れておりほとんどが倒れております。それはそれで刈りにくいのです。

刈払機だと水平に刈っていきますので、横倒しの草は切れ込みにくく、少し斜め上からの刈り方となります。

ですから、終わった後右肩がひじょうにこります。まぁ年のせいもありますが。広さが130坪と広く、雑草も元は160cmくらいはあろう雑草です。

枯れているとは言え、それを集積するにはかなり時間がかかります。手作業(鎌で)の部分もありましたので、2名で3時間かかりました。

ちなみに雑草は、山積みのままで放置でした。