今日は木の伐採に行って来ました。

庭に生えた3本の木ですが、2本は根元からで高さが4m近くありました。
もう1本は太さが直径30cmありましたが下から2.5mまでは残してその上1.5m分を 伐採することになりました。

三方を塀と隣の家や壁に囲まれて1.5m四方しかスペースがなく非常にテクニックのいる 伐採となりました。

太さが20cm以上ありましたのでチェーンソーを使い上から短く少しづつ切りながら二人掛かりで 切り落としていきました。

万が一木を落としてしまうと壁を破壊しかねないので慎重かつ大胆にやりました。

俺、木こりの方が向いていたのではと、思うぐらい才能があると自負します。
今日はハウスクリーニングに行って来ました。

マンションを売却されて綺麗にして引き渡ししたいということで依頼されてきました。 やはりきれいな状態で次の方が来られるとやはり気持ちがいいですね。

もともときれいに使われていたせいか9年経っている汚れは感じられませんでした。
ベランダが汚れているということでしたが、壁に雨だれはやはり落ちません。

またベランダの床はビニールのエンボス加工された物でこれがやはりなかなかきれいに落ちません。

本来は、高圧洗浄機で汚れを飛ばしたり、床はポリッシャーで擦ればきれいに落ちるのですがお客様のご要望でそこまではいいですということでしたがやはり中途半端なできで ちょっと悔やまれます。

やはりピカピカの状態にしたかったです。
時間や予算の関係もありますがプロとしては悔しいです。

まだまだ研究や勉強が足らないです。反省
本日は事務所の移転、引越し作業の手伝いに行って来ました。

今の事務所を出て自宅を事務所にされる方からの依頼でした。
大きな事務テーブルや椅子、事務機器がメインの荷物でした。

事務用の家具は大きい物が多くて一旦バラバラにしないとエレベーターに乗らない場合があります。 ですから普通サイズの家具類に比べて時間がかかります。

また重量が重たい物が多く、運び出しに苦労します。話しは変わりますが、自宅が仕事場の方に比べ通勤に1時間以上かかる方は収入を40%多く 稼がないと合わないらしいです。

1日往復2時間として一カ月の稼働日が20日で40時間、1年で480時間。
生涯労働年数が43年として、のべ20,640時間。

1時間当たりの単価が千円としても、20,640,000円。
生涯賃金が2億円としても40%多く稼ぐのは無理としても、

2千万円分通勤に時間をとられていると 思うとあながち大げさではないかもしれません。「時は金なり」、無駄な時間を過ごさないようにしよ。
本日は、壁に額を取り付ける営繕作業に行って来ました。

こういった仕事ちょくちょくと依頼があります。壁がコンクリートですと穴を開けるためのドリルや打ち込むアンカーが必要になります。

最近電動ドライバーをお持ちの家庭は多いですが、振動ドリルや水平器を持っている方はやはり少ないです。

額も大きさがバラバラでしたので一番気を使うのが水平にバランスが取れているかです。

やはりプロですから見た目をきれいに取り付けないとお金をもらうわけにはいきません。

職人としてのプライドがあります。当然なのですが。
本日は、水廻りの修理に行って来ました。

箇所は洗面所のシングルレバー混合栓の水漏れとお風呂の蛇口の水漏れです。
器具を分解する際、水垢や汚れが接着剤の様に固まりバラせられない事が多いです。

そんな時はドライヤーで熱して緩くしてから外すか、ふたり掛かりでないと出来ない場合があります。

また中の部品を交換しても結局水が止まらない場合も多いです。
その時は器具丸ごと交換しかありません。

器具によっては4、5万することもありますので何とか治したいのですが思い通りにいかないことが多いです。

しかしT●T●やI●A●だと部品交換で治る場合が多いですが、それ以外のメーカーだと やはり寿命が短いように思います。

あくまでも長年やってきた経験です。
やはり一流メーカーは高いけど結局は長持ちしてお得なのでしょうね。
本日は、カーテンレールの取り付けの営繕作業に行って来ました。

外国製のような物になりますと説明書が無い場合が多く、あっても簡単な説明程度ですと最初取り付けるのに思案します。

この部品はなんじゃ、これはどうやって止めるの?と考え込みます。あとは、壁がどうなっているかわからないので色々なビスや工具が必要です。

大体がカーテンレールを付けるために窓の回り下地なんか入っておりませんので、 それを見越して施しが必要です。

壁に何かを取り付けるのは意外と時間が掛かります。ですから事前の準備は大事です。多めに持っていくに越したことはありません。
本日は遺品整理に行って来ました。

遺品と言いましてもテレビ、小さいテーブル、ガスレンジ、布団、衣類少々と軽トラックに 半分程度でした。

お亡くなりになられた方はあまり生活に余裕が無かったんでしょうか必要最低限の物しかなかったです。

しかし、エアコンや扇風機、暖房機器は見当たらなかったので寒さや暑さはどうされていたのでしょう。

身寄りのない年配の方は、つらくても貧乏でもじっと耐える方が多いとニュースでやっておりました。 何がアベノミクスじゃ!! !
本日は、老人ホームでの不要品処分の手伝いに行って来ました。
老人ホームや介護施設は病院と同じで人が亡くなったり、

また新しい人が 来られる事におそらく慣れているのでしょうね。
たしかにその度に悲しんでばかりいるとやりきれませんし、

逆にプロとして 仕事を淡々とこなせられないですね。そういう我々も遺品整理にはすっかり慣れてしまいましたが。

でも介護施設での場合は割と整理整頓されている場合が多いです。
毎日、職員さんが来られて世話をされるので部屋が散らからないのでしょう。

ですのでとても作業がやりやすいです。
立つ鳥跡を濁さず。
本日は、トランクルームからトランクルームへ運搬及び家からトランクルームへ運搬の作業に行って来ました。

ややこしいですが、要は一カ所に荷物をまとめると言うことです。トランクルームは場所や広さにより家賃がだいぶん変わるようで、

ちょっと郊外に行きますと広めのところが借りれるようです。
しかしトランクルームって以外と有るようでそんなに無いですよね。

しかも家の近くにしたと思ってもなかなかないですよね。そのお客さんもほぼ入れっぱなし状態で、何が入っているのかほとんど覚えていなかったです。

でもマンションやアパートに住んでいる人にとっては倉庫代わりに出来ていいみたいです。
本日は、天井から水が漏れているので直してほしいとの依頼で行って来ました。

天井から水漏れということで、2階からの水漏れか、天井内に配管が通っていて
そこからの水漏れかと思い丁度点検口から覗いて見ますとまったく漏水の跡がない。
何でやろ?

エアコン付近から水が漏れていたということで、はーん、天井エアコンのドレンホースからの水漏れやなと思い、

室内機のカバーを外し内部のカバーも取り外しドレンを見ると湿っている。
原因はドレンホースがひび割れてそこから漏れていたわけです。

エアコンからホースを伝って水が出てくるのは何も冷房だけではありませんよ。
暖房時でも中の結露した水が流れ出ますので覚えておいてください。