本日は遺品整理に行って来ました。

遺品と言いましてもテレビ、小さいテーブル、ガスレンジ、布団、衣類少々と軽トラックに 半分程度でした。

お亡くなりになられた方はあまり生活に余裕が無かったんでしょうか必要最低限の物しかなかったです。

しかし、エアコンや扇風機、暖房機器は見当たらなかったので寒さや暑さはどうされていたのでしょう。

身寄りのない年配の方は、つらくても貧乏でもじっと耐える方が多いとニュースでやっておりました。 何がアベノミクスじゃ!! !
本日は、老人ホームでの不要品処分の手伝いに行って来ました。
老人ホームや介護施設は病院と同じで人が亡くなったり、

また新しい人が 来られる事におそらく慣れているのでしょうね。
たしかにその度に悲しんでばかりいるとやりきれませんし、

逆にプロとして 仕事を淡々とこなせられないですね。そういう我々も遺品整理にはすっかり慣れてしまいましたが。

でも介護施設での場合は割と整理整頓されている場合が多いです。
毎日、職員さんが来られて世話をされるので部屋が散らからないのでしょう。

ですのでとても作業がやりやすいです。
立つ鳥跡を濁さず。
本日は、トランクルームからトランクルームへ運搬及び家からトランクルームへ運搬の作業に行って来ました。

ややこしいですが、要は一カ所に荷物をまとめると言うことです。トランクルームは場所や広さにより家賃がだいぶん変わるようで、

ちょっと郊外に行きますと広めのところが借りれるようです。
しかしトランクルームって以外と有るようでそんなに無いですよね。

しかも家の近くにしたと思ってもなかなかないですよね。そのお客さんもほぼ入れっぱなし状態で、何が入っているのかほとんど覚えていなかったです。

でもマンションやアパートに住んでいる人にとっては倉庫代わりに出来ていいみたいです。
本日は、天井から水が漏れているので直してほしいとの依頼で行って来ました。

天井から水漏れということで、2階からの水漏れか、天井内に配管が通っていて
そこからの水漏れかと思い丁度点検口から覗いて見ますとまったく漏水の跡がない。
何でやろ?

エアコン付近から水が漏れていたということで、はーん、天井エアコンのドレンホースからの水漏れやなと思い、

室内機のカバーを外し内部のカバーも取り外しドレンを見ると湿っている。
原因はドレンホースがひび割れてそこから漏れていたわけです。

エアコンからホースを伝って水が出てくるのは何も冷房だけではありませんよ。
暖房時でも中の結露した水が流れ出ますので覚えておいてください。
本日は、猫駆除対策と害虫対策に行って来ました。

飲食店さんの天井で猫が死んでいるかもしれないのと ノミが出てきているのでなんとかしてほしいとの依頼でした。

点検口が2か所ありましたので、そこから覗いては見たものの猫らしき姿は見えず、 また猫の死臭は匂ってきませんでした。

私、鼻が非常に効くのです。その家の前にいきますと犬か猫か飼っているのがわかるのです。

それに普通の人では一生のうち猫の死骸なんてそう何度も見ることはないですが、
商売上、数えきれないぐらい見てきましたのでもうへっちゃらなんですよ(笑)。

とにかく、猫の退避材を天井内に配置しそれとノミ駆除で薬品をスプレーしておくことにしました。
ただノミも1回では全滅させること無理なので再度殺虫処理が必要となります。

 
本日は、屋根の雨漏りの修理に行って来ました。

瓦がずれていて全体的に下に下がっている状態です。瓦全体をやりかえるとなると
百万円以上かかるとのことで、何とか安く抑えたいというお客さんの希望を叶えるために頑張りました。

とにかく瓦のずれを直すのは無理なので、隙間に防水セメントを練り込むことにしました。

地上から練ったセメントを上からロープで引っ張り上げて、私が傾斜のある屋根に必死でへばりつき何とか隙間に練込んでいきました。ただすべての隙間を埋めるのではなく雨が抜けるように隙間を開けておかなければならない箇所もあります。

これで何とか雨漏りを食い止めることが出来ればいいのですがそんなに甘くはないので、次の手を考えておかねばなりません。
本日は、不要品処分のお手伝いに行って来ました。

現場は、市営団地の階段で5階です。私、怪談いや階段が苦手なのです。
学生時代に部活で、雨の日に外でランニングが出来ない時、階段ダッシュをやらされたんですが もう嫌で嫌でした。どうも太ももの筋力が弱いというか、すぐに痛くなるのです。

話しが変わりますが、私の今年の決意がいくつ
かありまして、ひとつがテレビを見ないことを決めています。

ですが、土曜日の夜9時から日テレでやっています、「学校のカイダン」は面白いのでこれだけは見ています。階段つながりでした。あしからず。
本日は、温水洗浄便座の取り替えに行って来ました。

最近のウォシュレットは値段がすごく安くなっていますね。機能にこだわらなければ、¥2万以内であります。

私ならトイレメーカーの物を選びます。 それは、やはりトイレメーカーでもありますしメンテナンスがしっかり対応しているからです。

以前、某家電メーカーの物でカスタマーセンターに問い合わせしたら対応が悪くて うちに依頼されてきたお客さんが何人かいました。

電話に出た者の対応が悪いのではなく、そもそもアフターフォロー体制が出来ていないから手配をあまりしたくないからです。

売ることだけにちからを入れて、後のフォローはいい加減だからです。 電気製品に限らずどんな商品もそうですが、何かあった時のサービスが大事ですよね。

いわゆるクレーム対応ですね。 クレームは宝の山と言われていますね。
本日は、よく依頼してくださる工場から扉が固くなって動かないので、何とかしてほしいとの依頼で行って来ました。

扉といっても重い引き戸の鉄製吊り扉ですが、たて5m、幅3mの超特大サイズです。
原因は、下のレールが浮き上がっていて隙間のない状態でした。 ハンマーで叩きまくり、修正を施して何とか動くようになりました。

お客さんは、ベンリーさんには無理やろうと思われていたようですが、見事に直せたので、鼻を明かせたというか 期待以上の満足を与えた、ということですね。
本日は、水度トラブルいわゆるトイレの水が流れっぱなしの修理に行って来ました。

ロータンク内の修理ですが、ボールタップかフロート弁のどちらかと、両方共いうことになりますね。

最近はメーカーもマルチタイプ万能型のボールタップが出ておりますのでそれでいける場合が多いですが、やはりメーカー純正の適合した部材を使いたいものです。

特に、排水弁(フロート弁)は純正でないとしっかりと止まらないです。少し高めでも、純正に限ります。純正なんか、響き良くないですか。