2016年2月26日(水漏れ詰まりの修理)

本日は温水洗浄便座の取付け作業に行って参りました。
10年使われたようですが修理より新しいものに取り替えた方が結局お得ですので新品に変えられました。

最近の温水洗浄便座は、温風乾燥機能が付いていないのが多いです。
以前は付いているものが多かったのですがほとんど使わない方が多いという事でメーカーも基本付けないことにしたらしいです。
その分価格を安く出来ますしね。

また色も以前は、ブルーやピンク、アイボリー等がありましたが基本ほとんどホワイトが標準になりブルーやピンクは注文生産になっています。

これも需要が少ないのでメーカーがコストを下げるために絞り込んだらしいです。
今回のお客様は、ピンクが希望で温風はいらないしリモコン無しタイプを希望されました。
メーカーは老舗のT●T●がいいかと。

温水洗浄便座が、約2,6万円、取替作業と処分を入れて1万円で合計3,6万円の工事費です。
2016年2月24日(不用品処分・不要品回収のお手伝い)

本日は家を売却されて中の家財や照明器具、エアコンなどの取り付けてある電気器具の撤去、処分のお手伝いに行って来ました。

おそらく築60年以上の古い家屋でしたが、家の中の家財も古いものが多かったです。
長年住まわれていたので家財も多いですが昨年に1度整理をいたしましたので今回で2回目です。

今は離れたところにお住まいですが、お墓は大阪にあるとの事なので年数回はこちらに来られます。

長年住まわれた家が無くなるのは何ともさびしいでしょうね。
2016年2月23日(不用品処分・不要品回収のお手伝い)

本日はタンスが不要になり処分されたいとの事でお手伝いに行って参りました。

それが2階にあるのですが階段が狭くて出せません。おそらく搬入されたときは窓から入れられたと思います。

しかしどうせ処分するので2階で解体してバラバラに運び出すことにしました。
合計3台ありましたのでバラせばコンパクトになりますがそれでも軽トラック半分以上はありました。

もともとが巾1.2mの大きな整理ダンスや洋タンスでしたのでバラしても運ぶ際は壁や床を傷つけないように注意しながらの作業です。

2名で約1時間半かかり、費用は2万円です。
2016年2月21日(水漏れ詰まりの修理)

本日は温水洗浄便座の取付け作業に行って参りました。

事前にお客様の要望を聞き、リモコン付きで脱臭機能付き、色はパステルアイボリーで用意しました。

最近の温水洗浄便座は簡単に取付けが出来ます。
中には給水管の接続が難しいところもありますが大体が簡単にできます。

作業時間は約1時間程度で、工事費は、¥45,000でした。
2016年2月20日(不用品処分・不要品回収のお手伝い)

本日はベットが不要になり処分されたとの事でお手伝いに行って参りました。

ひとつ問題がありまして当初ベットを搬入された時はベランダから吊上げて入れられました。
ところが現在、下にカーポートを作られて吊上げが出来なくなりました。

残された方法はベット自体を解体して階段が通れるくらいまでするしかありません。
別ベットの枠は一体型で木製です。電動ジグソーで切っていき何とかバラバラにしました。

このように後からカーポートを付けられて出れなくなることはたまにあります。
このようにベランダからしか出せない場合は困りますね。

でも何とかなります!
2016年2月18日(修繕・リフォーム)

本日は雨樋が詰まっていて溢れてきているのと傾きや外れているので全体の修理作業に行って参りました。

高さは5mの屋根で、上にあがると樋の中は土が溜まっていました。スコップで取り除き、小さな袋(コンビニでもらう縦20cm位の大きさのビニール袋)で5ふくろ有りました。

また真ん中あたりがへこんだ状態でしたので針金で上に少し上げて傾きを直しました。
場所が狭い道路で脚立を立てて2名で作業いたしました。結局、時間は1時間半かかりました。

これで雨樋の中もきれいして傾きも修正しましたので、あふれることなく途中で滝のようになることは無いでしょう。
2016年2月16日(不用品処分・不要品回収のお手伝い)

本日は空き家を倉庫代わりに借りられていてこの中のものを処分されるお手伝いに行って参りました。

処分されるのは色々な道具関係や壊れた器具や古いタンスなどです。
総勢5名で行い2トントラック分を1時間で積み込み出来ました。

何十年も放置されていましたがやるとなったら一気にやり終えた感じですね。
2016年2月10日(水漏れ詰まりの修理)

本日は築50年の家でどこかで水漏れがしているという事で行って来ました。

まずはトイレや洗面所、屋外の散水栓、水道メーター廻りなどを調べます。
ここで発見できれば全然らくなのですがこれで分からなければ大変です。

床下や壁、天井、外回りなどにシミがないか、水たまりが無いかなど調べます。
昔の家は畳で床下が覗けましたのでここで分かる場合があります。

今回の場合も床下は覗けたのですが土間や屋外などは掘らなければわかりません。
今日はとりあえず1回目の調査ではわかりませんでしたので、
後日専門の漏水調査会社に依頼して再度調べます。
2016年2月8日(水漏れ詰まりの修理)

本日は古いアパートの給水管の漏水修理です。

2階建てのアパートで天井から水漏れがあり、どうやら2階の流しのしたあたりから水漏れがあるようです。

幸い流しは置いてあるだけのタイプでしたので取外して床下の給水管を調査いたしました。
やはり原因は古い鉛管から漏水でした。ごく微量の漏水ではありましたが徐々に天井に水が溜まってきたようです。

このように築40年以上の古い建物では鉛管が使われていますので漏水が発生しやすいです。
天井や壁の中で漏れていますとその箇所を見つけるために壁や天井を破らなければならず面倒な工事となります。

どちらかというと壁や天井の補修に時間や費用が掛かる場合が多いです。
2016年2月5日(不用品処分・不要品回収のお手伝い)

本日はまたまた家を売却する予定なので家具や家財の不要品処分されるお手伝いに行って来ました。

こちらのお客様はまだ予定ですねで売れたわけでない無いですがどちらにしても片付けるしかないということで依頼がありました。

すでに空き家状態ですので必要なものは持って行かれた状態ですのであとは処分するだけです。
ですがご予算の関係もあり3回くらいに分けての作業となりました。

このあとは夏頃に行い、次は年末辺りで来年には家も処分される予定という事です。
家も古いので解体し更地にするかどうかも迷っておられます。

とりあえず出来ることから始めて出来る限りお金がかからない方法で進めましょう。