2016年8月9日(害獣駆除・死骸処理)

今回は工場の裏に猫の死骸があるので処理してほしいということで行って参りました。

夏場は腐乱が進むのが早く死後2,3日で虫が湧いてきます。今回もハエが飛び回っているということで気づかれたようです。

その死骸の場所が建物とネットフェンスの間で死んでおりその隙間は30CM程度しかありませんでした。当然体は入りませんのでネットを破って手が入るようにするしか方法がありません。

許可をいただきネットを切断し何とか処理作業は出来ました。
お客様から東大阪市の保険所に回収の電話をしていただき完了です。最後は清めの塩をまいておきました。
猫死骸処理 東大阪
2016年8月5日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

今回は毎年依頼のあるお客様へ草引きに行って参りました。

こちらの草引きは防草シートを張ってある上からの草引きなのです。ですからとても引きにくいのです。

防草シートが引っかかるのとそのシートを突き破って出てくる雑草なのでとても固いのです。

面積は20坪ほどで雑草はススキやドクダミといった抜きにくい雑草なのです。

時間は2名で3時間かかります。最後に除草剤を散布するのですがやはり防草シートがありますので効果は半減してしまいます。
草引き防草シート上平野区
2016年8月3日(エアコン移設・ガス補充)

 

今回はエアコンが全然冷えないのでガス不足?という事で行って参りました。

ここ一ヶ月急激に暑くなりエアコンが冷えないという問い合わせが1日で平均2,3本、多いときには6本近く電話がなりました。

原因を聞くと、自分で取付けた、知り合いに付けてもらった、電気工事をしている人に付けてもらったという方が多いのです。

原因は、取外し、取付けの際にガスを漏らしたあるいは配管からの漏れです。皆さんエアコンのガス漏れがどれだけリスクが高いかご存じないようなのでした。

ガスを漏らすと取付工事とかわらないぐらいの費用が発生するのです。まして配管からの漏れなら再度配管工事をやり直さないといけません。

そうなれば3万以上の工事費がかかります。エアコン工事はやはり工事屋さんに任せるのが一番ですよ。
エアコン修理中 平野区
2016年7月29日(ハウスクリーニング・そうじ)

今回は夏場ではあまり依頼の無いレンジフードとバスクリーニングに行って参りました。

両方ともなかなか普段のそうじでは出来ないところをきれいにしなければなりません。

レンジフードなら奥のシロッコファンをバラしてひとつずつ丁寧に油汚れを落としていかなければなりません。

おふろはなかなか取れないカビやユニットバスの浴槽のスカートを外し内部まできれいにしなければなりません。

作業時間は2名で3時間かかりましたが、油臭いにおいも取れてファンの回転も滑らかになり、お風呂は落ちなかったカビもほとんど取れてお客様は大満足です。

しかし夏場のハウスクリーニングはとにかく暑いです。レンジフード洗浄前 東大阪
レンジフード後 東大阪
2016年7月22日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

今回は100㎡庭の草引きに行って参りました。

と言いまして実際に草を引く面積はその70%ぐらいでしょうか。それでも草引きは時間が掛かりますので

2名で朝から夕方までに終わらせるのには小さい草までは引いていくのは難しいです。

2cmぐらいまでの小さな雑草はとりあえず無視してまずすぐに抜ける雑草を引いていきました。

作業時間は2名で実働6時間かかりました。小さな雑草は刈払機で表面だけカットしました。

基本的に根っこから抜いたのですが、このところ天気が良く土も固くなっていましたので雑草の種類によっては途中で切れてしまうのも多々ありました。

当初は庭木に影響が出るので除草剤の散布は敬遠されていましたが、庭木に支障の出ないところだけは除草剤散布をお客様の方でされるようです。
草引き前 加美鞍作草引き後 加美鞍作

 
2016年7月20日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

ゴールドクレストはクリスマスツリーの木で有名ですが、剪定をしなければ大木になります。

外国では10~20mの木もあるそうです。
今回依頼があったお宅もほったらかししていたら7mの高さまで伸びたという事です。

しかも道路や隣の敷地に伸びていったので今回思い切って短く剪定、と言ってもほとんど伐採に近いのですが行って参りました。

思った以上に枝が太くずっしりと重さもありました。
4mぐらいに半分程度まで切ったのですがゴールドクレスト特有の細かい葉が沢山あって、処分量は軽トラック超満載の量が出ました。

ひょっとしたら重量はオーバーしていたかもしれません。作業は2名で3時間程度掛かりました。
2016年7月19日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

今回は面積は狭いですが花壇の草引きに行って参りました。

世の中には虫がとても苦手という方はいらっしゃいます。蚊のような小さな虫も苦手な方からの依頼です。

5㎡ほどの花壇ではありますが雑草がびっしり生えていてかなり大きくなっていました。
全てきれいに草を引いたのですがごみ袋で5袋出ました。びっくりしたのがその雑草の中にハチの巣があったのです。

蜂の巣駆除の依頼で行きますとそれなりの準備と気構えで臨むのですが、突然現れるとびっくりです。

大きさは8cmほどですのでそれほど大きくはないのですが危うく巣を触り刺されるところではありました。アシナガ蜂ですが刺されると当然痛いのです。

また蜂用の殺虫剤も持ち合わせていませんでしたので店に戻り(幸い現場がお店の近くだったのです)改めて駆除いたしました。

これまでも剪定や草刈りの時に油断して蜂に刺されたことがありますので、やはり草刈り時では蜂用の殺虫剤を持参しておかなければならないと思いました。

草引き前 住道矢田草引き後 住道矢田

 
2016年7月15日(害獣駆除・死骸処理)

今回は藤井寺市のあるニュータウンでの一軒家の2階ベランダの屋根の隙間にできた蜂の巣を駆除しました。

巣の場所が大屋根とベランダのサンルーフとの間に出来たため屋根にのぼり上からの作業となりました。

何とか梯子は掛けれたのですがほぼ垂直なのでお客様の梯子を持ってもらい恐る恐るのぼりました。

屋根も傾斜が40度近くあり立てれません。
四つん這いになって登って行きました。
何とか蜂は駆除いたしました。

大きさは8cmほどでしたが10日でこれだけの大きさになったようです。
蜂はアシナガ蜂で3cmありましたのでそこそこ大きかったですね。

この時期に依頼のある蜂の巣はまだ小さいのが多いですがこれが8月になると大きな蜂の巣の場合が多いです。

蜂の巣に気づくのが遅くかなり大きく成長した段階でしょう。やはり大きいとそれだけ蜂の数も多いので出来れば小さい内がやり易いですね。
蜂の巣藤井寺市小山7
2016年7月11日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

今回は居宅を管理されている方から木の剪定(伐採)作業の依頼を受けて行って参りました。

高さが7mほどあり枝木も横に伸びているくすのきでした。三脚であがり木から木へ猿のように移りながら剪定というより伐採に近いやり方で短く切っていきました。

注意しないといけないのが木の下に歩道がありわりと自転車や歩行者が通るので当たらないように注意しながらでの作業となりました。

2名で5時間ちかくかかりました。
枝木の処分量も軽トラ2台程度発生しました。

落ち葉が道路に大量に落ちるとの事でご近所から苦情があったようですが、これで安心ですね。
伐採剪定前 八尾市伐採剪定後 八尾市緑ヶ丘
2016年7月1日(害獣駆除・死骸処理)

いよいよ夏らしく熱くなってきましたのでハチが活発に活動するシーズンとなりました。

例年この時期になりますと蜂の巣の駆除の依頼が多くなります。ご依頼があったお宅は一戸建ての2階のベランダのルーフと大屋根との隙間にハチの巣がつくられたということです。

ベランダからは手が届かず下からはしごを使いベランダルーフの上までのぼり身を乗り出し巣を駆除します。

ベランダルーフは透明のアクリルで出来たアルミの骨組みのものです。このルーフが人が乗れるほどの強度が無いので噴霧器を伸ばしピンポイントで蜂を死滅させます。

作業時間はあえてハチが戻ってくる夕方6時頃に行いました。とてもやりにくくはしごに乗っての作業ですので危険は伴いますが何とか駆除できました。

巣自体はまだ作っている途中のようなので直径9cmほどでしたが、蜂は大型のあしなが蜂でした。
蜂の巣駆除アシナガ蜂