2016年1月27日(水漏れ詰まりの修理)

本日はこのところの急激な寒波による原因で給水管が凍結して割れて漏水の修理に行って来ました。

概ね配管が屋外にあるような散水用の給水管や露出で出ているようなビニール管が破裂しています。
地中で漏水していますと修理は一苦労する場合がありますが、見えるところでしたら短時間で修理できます。

しかし同じような緊急修理の依頼が来ますと待って頂かなければ申し訳ないです。
当然、水道を元で止ておられますのでトイレも台所も使えませんからね。
2016年1月22日(水漏れ詰まりの修理・水道トラブル)

本日は水を使っていないのに水道メーターが回っているのでどこかで漏れているのでそれを見つけて修理する作業に行って来ました。

まずはトイレを先に見ます、ここでなければ水廻りすべてチェックし、
無ければさらに外回りの地面や壁のシミがないか調べます。それでも無ければ床下に入れれば床下にもぐり調べます。

今回は、見つからず次回は知り合いの漏水調査会社に頼み再度調査し直しです。

水漏れ自体は大きな漏れでは無さそうですが、いずれ漏れもひどくなるでしょうから何とか見つけ出さねばなりません。
2016年1月21日(水漏れ詰まりの修理)

本日は洋式トイレの詰りの修理に行って来ました。
しかし原因はトイレではなく外の会所で詰まっていました。

それも隣りの家の枡まで詰まっておりこれは高圧洗浄でしか通管できませんので,
大至急に長年付き合いのある洗管屋さんに来てもらうことになりました。

詰まっていた原因は会所の内部が崩れていてコンクリや石、砂がえぐられて流れ出たために排水管うを詰まらせたのが主な原因です。

とりあえず通管いたしましたが、会所の補修工事も別途必要になりました。
2016年1月20日(水漏れ詰まりの修理)

本日は洋式トイレの詰りの修理に行って来ました。
このお客様は昨年の夏にも一度詰まったという事で修理にお伺いしました。

何かものを落としたとかではなくちょっとペーパーを多く流し過ぎたのではというぐらいのことが原因らしいでしたが、

なかなか詰りは直らず溶かす薬品も使いながらの作業でしたが1時間かかりなんとか詰りは直りました。

どうも、元々詰まりやすい配管のような気がします。特に冬場は意外と詰まりやすいのです。

理由は水が冷えているのと配管が寒さで収縮しているからです。
ですから夏場より冬場の方が意外と詰まりの依頼は多いのです。

気を付けなければならないのは一度に多くのトイレットペーパーを流さないことぐらいしかありませんがとくに女性の多いところは要注意ですね。
2016年1月17日(水漏れ詰まりの修理)

本日は洗面台の蛇口の水の止まりが悪く修理作業に行って来ました。

蛇口が古くなければケレップ(こまパッキン)で水漏れは直るのですが、
器具が古いとケレップを交換しても直らない場合があります。

こちらのお客様もその様でしたので新品に交換することになりました。

なんでも別の大手水道修理業者に来てもらった所(CMでやっている業者です)思ったより高い金額を見積もられたので一旦断り、当店に依頼がありました。

確かにその業者の見積りは高いように思います。当店は明確な金額を提示してお客様に納得していただいてから商品を手配して施工します。

今回はハンドル式の水栓をシングルレバー式のしてより使いやすい水栓にされて喜んでいただきました。
2015年12月13日(水漏れ詰まりの修理)

本日は便器タンクの取り替え作業に行って来ました。

20年以上使われていて割れている所も有り流れも悪いのでこの際新しい便器に取り替えることにされました。

ついでに温水洗浄便座も最新のものに取り替えです。
最近の便器は少量で水が流せて汚れも付きにくいしかも形がかっこいいトイレが次々出てきています。

最近の便器の流行りの色ってご存知ですか?
流行りと言いまして以前はいわゆるアイボリーが主流でちょっと黄色っぽい白色ですね。

ところが最近は白が多いとの事、以前は白は不人気だったんですね。
小学校のトイレのイメージが有り冷たい汚いイメージがあったんです。

でも最近の白のイメージは清潔感やシンプと言ったイメージで注文される方が多いらしいです。
便器自体がかっこよくなったと言うのも理由ですね。
2015年12月11日(水漏れ詰まりの修理)

本日はマンションでの温水洗浄便座の脱着作業に行って来ました。
引越しされるにあたり温水洗浄便座を引越し先に取付けのですがすぐお近くに引越しされるので時間的に実働2時間程度で終わりました。

お客様によっては元々付いていた給水の金具を失くされたりする場合がありますがその時は当然給水金具を新しく付けて出ていかなければなりません。

今回のお客様は引越し慣れされているのかちゃんと保管されていました。
意外と元々付いていたエアコンの穴のふたや給水金具を失くされる場合があります。

将来の引越しに備えてちゃんと保管しておきましょう。
2015年11月30日(水漏れ詰まりの修理)

本日はマンションでのトイレの水が流れっぱなしという事で行って来ました。

年数的には30年ぐらい前の便器で排水弁のゴム劣化だけではなく本体自体が劣化していましたので丸ごと交換しなければなりませんでした。

タンクをバラしたりと手間が少しかかりますが今日中に直さなければトイレが使えません。
幸い部品も在庫が適合したのですぐに取り掛かりました。
2時間程度かかりましたがなんとか無事終了です。
2015年11月28日(水漏れ詰まりの修理)

本日はマンションのトイレが詰まったという事で行って来ました。
特に物を落としたということではなく紙詰まりのようですがどうやら別のところでも原因だった便座拭きシートを使われていたのが原因です。

今回はラバーカップいわゆる梵天で詰まりを解消させました。
ラバーカップの使い方を良く知らない方はとにかく強く引っ張ればいいと思っていますが違いますよ。

水が溜まった状態で初めはゆっくり押してすぱっと引くこれを30回以上は繰り返します。
とにかく何度何度も繰り返すこれが正解です。
2015年11月24日(水漏れ詰まりの修理)

本日は洋式トイレの詰り除去作業に行って来ました。
このお客さんは三ヶ月ほど前にもトイレが詰まったということで行った覚えがあるのですが今回は別のトイレということです。

とくに物を落としたということではないのですが原因は流せる便座ペーパーを使われていたということでどうやらこれが原因かと思います。

注意しなければならないのがこの便座ペーパーは実際にはなかなか溶けにくいようです。

流せるのですが溶けにくいと排水管の中でだんだんと溜まっていきます。一旦詰まるとなかなか溶けてくれませんので厄介です。

溶かす薬品や高圧洗浄でなんとか通すことが出来ましたがこのペーパーはあまり使わない方がいいですね。