2017年10月10日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

先日に草刈りと除草剤散布を終えた畑に防草シートを貼り付けます。

今回のシートはお客様が用意されたのですが生地は透けるくらい薄い生地であります。

シートの下で草は生えてきますがある程度は伸びますがシートで抑え込まれてそのうち枯れるというのが狙いみたいです。

ピンは70CM置きに返りの付いたピンを使用し、ここがポイントですが帰りのない単なる釘状のピンでは草の成長に押されてピンがだんだん抜かれるようです。

ですから草の勢いに負けない返りの付いたピンを打ち込みます。
防草シート貼付け後 大阪市東住吉区防草シート細部 大阪市東住吉区
2017年10月10日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

ある畑を所有のお客様から防草シートを貼ってほしいというご依頼がありました。

防草シート貼る前に雑草を買っておく必要があります。後で除草剤(あまりきつくない)を散布いたしますので細かいところまで刈る必要はありません.

あまり長いと貼りにくくはなります。今回使用する防草シートはお客様指定のシートですがそのシートは薄く雑草はある程度生えてきますがシートで抑えることにより生長を抑える方法らしいです。

ですからシートでがっちり押さえこむ方法ではないみたいです。1巻30mあり二人掛かりで草刈りkらシート貼付けまで5時間程度かかります。
草刈り前 畑 大阪市東住吉区草刈り後 畑 大阪市東住吉区
2017年10月8日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

年2,3回ですがマンションの玄関先の庭の剪定作業に行って参りました。

本日は天気も晴れて絶好の剪定草刈り日和となりましたのでとてもやり易かったです。

マンションなどの玄関先のちょっとした庭や花壇などは雑草で荒れていると見栄えも悪いですがそれ以外にゴミを投げ入れられてしまいます。

その予防も兼ねて剪定を行いきれいにしておくとゴミを捨てられにくくなります。歩道寄りの空き地や庭はどうしても不法投棄やごみを捨てる悪い奴らがいますので注意が必要です。
剪定前 松原市剪定後 松原市
2017年10月3日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

年3回草引きをしていますが今年の傾向として晴れの日も多かったですが雨が降るときは大雨になる日が今年は多かったように思います。

これは草木にとってはどうなんでしょうか?ただ今年は雑草が伸びるのが例年に比べて早いような気がします。

日本が亜熱帯化しているからでしょうか。
草引き剪定前 大阪市生野区草引き剪定後 大阪市生野区
2017年10月2日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

やく1年ぶりですがやはり枝が伸びており形が崩れてきています。
剪定はさみやバリカンなどを使い剪定いたしました。

これぐらいの木であれば1人で2時間程度の作業時間であります。枝木の処分量は軽トラに四分の一程度ですね。
剪定前 大阪市平野区剪定後 大阪市平野区
2017年6月11日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

年2回の草引き作業を富田林市で行いました

今回はもう10年近く年2回お伺いしています庭の草引きに行って参りました。

毎回除草剤を散布していますのでそんなに大きな雑草は生えてはいませんが半年たつとやはり目立ちます。

2名で約1時間半で完了します。年2回だけとはいえ、月日が流れるのが早く感じます。
草引き前 富田林草引き後 富田林
2017年2月16日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

2週間前に畑の防草シート貼り付作業をさせていただいたお客様に再び行って参りました。

前回は、50m分を貼り付けし、そのすぐ横に同じものを貼り付けることになりました。

今回は、抑えピンの間隔を広げて止めましたので作業時間も前回に比べて1時間早く出来上がりました。

画像では黒色が今回貼り付けた方です。
防草シート追加貼り付け前 東住吉区防草シート追加貼り付け後 東住吉区
2017年2月13日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

剪定と草引き作業を大阪市東住吉区で行いました

今回は3年間放置した庭の剪定と草引き作業に行って参りました。

ここ最近は雨が多く心配でしたが、晴れ男の私が外でやる作業の場合はほぼ晴れてくれるので天気予報は午後から雨でしたが決行しました。

雑草については出来る限り根っこから引き抜いてほしいという事でしたが、雑草が柔らかく切れてしまうのです。

しかし出来る限り引き抜きまして2名5時間かかりました。

剪定の方はいつも頼んでいる12年のお付き合いのある植木職人さんにお願いし、マキの木やモモの木、みかん、狼狽など剪定して頂きました。

雑草が思った以上に多く、雑草、枝木で軽トラックが満載になりました。

作業は9時から始め、午後3時に終わりましたが、終わった途端に雨が降ってきました。やっぱ晴れ男ですね。
剪定草引き前 大阪市東住吉剪定草引き後 大阪市東住吉
2017年2月4日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

先日、畑の防草シートの貼り付けに行ったお客様の所へ引き続き言って参りました。

今回は別の雑草対策で、植木の回りに固まる土をまく作業です。使うのは「カ○カ○君」という商品ですが、固まる魔法の土と言われています。

この土は雑草を抑制し、水は浸透させて回りの草木には影響が出ないというものでしかも砕いて放置すれば土に還元するという優れものです。

ですから雑草を生やしたくないところや土ぼこりや雨でぐじゃぐじゃになるところに撒けば効果的ということです。

しかし20kg1袋で2,3cm盛ると50~100cm平米しか撒けないので、広範囲に撒こうと思えばかなりの量が必要です。

今回は9本の植木の根元に撒くので9袋用意しました。費用は約3万円程度かかります。
防草砂 大阪市東住吉区
2017年2月3日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

先日、ある畑の防草シートの貼り付けに行って参りました。

防草シートを貼り付ける場所は畑のあぜ道で長さは約50m、
防草シートも50m×1.5mのサイズでした。

防草シートを貼るコツは、貼る前に草刈りをし除草剤を散布して、雑草をある程度枯らしてからするのがベストです。

そうするとシートが地面にぴったりと貼り付けることが出来るのです。またシートを固定するピンは出来るだけ多い方が良いですが、

なかなか大変な作業となりますので、大体は横巾には50cm間隔、縦には70cm位が良いでしょうか。

となると50m×1.5mのシートですと約300本のピンを打たなければなりません。ピンが差しにくい所もありますので、2名で作業しても5,6時間はかかります。
防草シート貼り付け前 東住吉区防草シート貼り付け後 東住吉