2017年6月11日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

年2回の草引き作業を富田林市で行いました

今回はもう10年近く年2回お伺いしています庭の草引きに行って参りました。

毎回除草剤を散布していますのでそんなに大きな雑草は生えてはいませんが半年たつとやはり目立ちます。

2名で約1時間半で完了します。年2回だけとはいえ、月日が流れるのが早く感じます。
草引き前 富田林草引き後 富田林
2017年2月16日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

2週間前に畑の防草シート貼り付作業をさせていただいたお客様に再び行って参りました。

前回は、50m分を貼り付けし、そのすぐ横に同じものを貼り付けることになりました。

今回は、抑えピンの間隔を広げて止めましたので作業時間も前回に比べて1時間早く出来上がりました。

画像では黒色が今回貼り付けた方です。
防草シート追加貼り付け前 東住吉区防草シート追加貼り付け後 東住吉区
2017年2月13日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

剪定と草引き作業を大阪市東住吉区で行いました

今回は3年間放置した庭の剪定と草引き作業に行って参りました。

ここ最近は雨が多く心配でしたが、晴れ男の私が外でやる作業の場合はほぼ晴れてくれるので天気予報は午後から雨でしたが決行しました。

雑草については出来る限り根っこから引き抜いてほしいという事でしたが、雑草が柔らかく切れてしまうのです。

しかし出来る限り引き抜きまして2名5時間かかりました。

剪定の方はいつも頼んでいる12年のお付き合いのある植木職人さんにお願いし、マキの木やモモの木、みかん、狼狽など剪定して頂きました。

雑草が思った以上に多く、雑草、枝木で軽トラックが満載になりました。

作業は9時から始め、午後3時に終わりましたが、終わった途端に雨が降ってきました。やっぱ晴れ男ですね。
剪定草引き前 大阪市東住吉剪定草引き後 大阪市東住吉
2017年2月4日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

先日、畑の防草シートの貼り付けに行ったお客様の所へ引き続き言って参りました。

今回は別の雑草対策で、植木の回りに固まる土をまく作業です。使うのは「カ○カ○君」という商品ですが、固まる魔法の土と言われています。

この土は雑草を抑制し、水は浸透させて回りの草木には影響が出ないというものでしかも砕いて放置すれば土に還元するという優れものです。

ですから雑草を生やしたくないところや土ぼこりや雨でぐじゃぐじゃになるところに撒けば効果的ということです。

しかし20kg1袋で2,3cm盛ると50~100cm平米しか撒けないので、広範囲に撒こうと思えばかなりの量が必要です。

今回は9本の植木の根元に撒くので9袋用意しました。費用は約3万円程度かかります。
防草砂 大阪市東住吉区
2017年2月3日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

先日、ある畑の防草シートの貼り付けに行って参りました。

防草シートを貼り付ける場所は畑のあぜ道で長さは約50m、
防草シートも50m×1.5mのサイズでした。

防草シートを貼るコツは、貼る前に草刈りをし除草剤を散布して、雑草をある程度枯らしてからするのがベストです。

そうするとシートが地面にぴったりと貼り付けることが出来るのです。またシートを固定するピンは出来るだけ多い方が良いですが、

なかなか大変な作業となりますので、大体は横巾には50cm間隔、縦には70cm位が良いでしょうか。

となると50m×1.5mのシートですと約300本のピンを打たなければなりません。ピンが差しにくい所もありますので、2名で作業しても5,6時間はかかります。
防草シート貼り付け前 東住吉区防草シート貼り付け後 東住吉
2016年12月18日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

高さ3mの寒ツバキの剪定を東住吉区で行いました

先日、玄関にある高さ3mの寒ツバキを短くしてほしいということで行って参りました。

寒ツバキがこれほど高くなっているのはめずらしいのですが葉っぱや花が道路に落ちて掃除が大変ということで短くすることにしたのですが、

ちょうどこの時期が花が咲く時期なのでもったいない気がします。

高さ3mあるものを1.3mぐらいまで短くしました。残ったところは出来るだけ花芽を残してあげました。きれいな花が咲いていましたのでもったいないですよね。
ツバキ伐採 東住吉区
2016年12月12日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

先日に屋根の上にツル状の雑草が生えて電線にも巻き付いているので除去作業に行って参りました。

雑草はノブドウで壁や屋根や電線によく絡まっている厄介な雑草です。
その雑草は瓦の屋根の瓦の下から伸びて派生していました。

さすがに瓦を取り除いて根を取るのは大変ですので上の生えている雑草のみ取り除きました。面積で言うと4,5メートル㎡程度でしたが電線や雨樋にも蔓延っていました。

問題は大元の根っこを切って腐らせることです。
とりあえずは根っこを切ってしまえば伸びている茎や葉は枯れてしまいます。

屋根や壁に生える雑草は葉っぱが枯れると周辺に飛び散りますので近所迷惑となります。大抵はご近所さんからの苦情で気づく場合が多いようです。
屋根の雑草前 東住吉区屋根の雑草後 東住吉区
2016年11月27日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

先日に剪定と草引き作業行いましたお宅に菌にやられたカシの木に薬剤散布を行って参りました。

菌にやられた病気は紫かび病で別名うどんこ病とも言われています。野菜や花木がよくかかる病気ですが

かしの木もかかりやすいです。使用する薬剤は「トップジン」と言われている薬ですが殺菌剤ですね。

これを全体に葉っぱからしたたるぐらいに噴霧します。もしこれでだめなら根っこからやられている可能性もありますのでその場合は根の回りの土に殺菌剤を混ぜて直すしかないです。
紫かび病 松原市高見の里
2016年11月26日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

今回は年3回ご依頼のあるお宅に剪定と草引き作業に行って参りました。

剪定は春と秋に2回、草引きは春夏秋の年3回やっています。こちらの庭木はもう40年以上経っているせいかかなり木々が老いて来ています。

お客様もご年配でなかなか水やりが出来なかったんでしょう。
特に今年の夏は暑く水不足で木々がちょっと元気がない感じです。

ですから常緑樹はちょっと枯れかけているものもありましたのであえて剪定せずにしました。

下手に切ってしまうと水分が放出されて余計に幹から水分が出て不足して枯れるのが進行します。

私どもは単に剪定するのではなくその木の状態を見てお客様にアドバイスしなければならないと思っています。
庭木剪定草引き前 松原市高見の里庭木剪定草引き中1 松原市高見の里

 

 

 

 
庭木剪定草引き後2 松原市高見の里

 
2016年11月18日(草刈り・庭木剪定・木の伐採)

今回は高さ6m超のコニファーを根元からの伐採作業に行って参りました。

クリスマスツリーなんかで人気のあるコニファーをあまりにも高くなりすぎて電線に絡まってしまったので思い切って根元から伐採する作業です。

10年ほどで高さが6m以上まで成長するぐらいコニファーはすぐにデカくなります。

成長が早いので幹は割と柔らかいのですが高さがあり枝葉が密になっていますので先に枝を剪定して主幹だけにして上からすこしづつ切っていきます。

廻りに屋根や車がありますと落下させるわけにはいきませんのでロープでしばり吊り下していきます。

2名で約3時間程度かけて写真のような切株にいたしました。
コニファー伐採前 松原市コニファー伐採中 松原市コニファー伐採後 松原市