今日は、不要品処分の手伝いに行って来ました。

そのお客様は10年近く前にポスティングしましたチラシを覚えていただいていまして その記憶でスマホで検索して電話をいただきました。

とてもありがたいです。そんな昔に配ったチラシを覚えて頂いていたなんてびっくりです。理由は、そのチラシが鮮明に記憶に残ったのですが、何よりも信用できるかと言うことらしいです。

便利屋さんはやしいイメージがまだありますよね。昔に比べればかなり認知されましたが、やはりぼったくりやいい加減な仕事をするところは 多いようです。

やはりキーワードは、安心感、信用、信頼ですね。
本日は、急きょ今日中に片づけなければならずお手伝いに向かいました。

遠方からのお客様で、今日中に実家(大阪)の不用品などを片付けなければならなくなり依頼がきました。

とりあえずは必要な物と不用品に分ける作業を行いました。それだけで昼までかかり、不要品は約ハイエース満載程度出てきました。

いわゆる遺品整理な訳ですが遠方の身内の方ですとなかなか来れませんので1日でやってしまうと言う事はあります。
今日は駐車場に捨てられた廃棄物の撤去の手伝いに行って来ました。

駐車場はよくゴミを捨てられます。
それもタイヤやバンパーなの車関係が多いです。

おそらくこの駐車場を借りている者の可能性が高いですがなかなか証拠がないので分からないとのこと。

あまり悪質だと防犯カメラをつける方がいいですがそれはそれで費用もかかります。
とにかくゴミを平気で捨てるにやつは男も女も関係なくいます。

ようはその人の人間性、育ち、回りに環境、親のしつけでしょうか。
今日も昨日に引き続き遺品整理の作業に行って来ました。

年配の方は戦争を経験され物が無い時代に育っておられますので物を大事にされます。

ですからトイレットペーパーを沢山ストックされていたり(結局使わない)、
郵便物を大事に持っている(そんな昔の物いる?)。

着なくなった服をいつまでも持っている(どうみても古すぎ)、でも墓場まで持っていけないですよね。

それを判っていても捨てれないし、使えないんですよね。
今日は遺品整理、不要品処分の手伝いに行って来ました。

急に具合が悪くなりそのまま息を引き取られたようで、ほとんど生活されていた状態でした。かなりヘビースモーカーらしく部屋がヤニで茶色く変色していました。

当然、家具や家電、布団からほとんど冷蔵庫の中以外は茶色でした。
やはりたばこの煙ってすごいですね。何から何まで茶色くしてしまいます。

わが社も以前はヘビースモーカーが二人いたもので事務所内は茶色に変色していました。

その二人が居なくなった後は、拭き掃除を念入りにした甲斐があって部屋は白ぽくなりました。

喫煙場所が年々無くなってきていますが、有害なニコチンをまき散らすだけでなく、
部屋も茶色くしてしまうからですね。
本日は遺品整理に行って来ました。

遺品と言いましてもテレビ、小さいテーブル、ガスレンジ、布団、衣類少々と軽トラックに 半分程度でした。

お亡くなりになられた方はあまり生活に余裕が無かったんでしょうか必要最低限の物しかなかったです。

しかし、エアコンや扇風機、暖房機器は見当たらなかったので寒さや暑さはどうされていたのでしょう。

身寄りのない年配の方は、つらくても貧乏でもじっと耐える方が多いとニュースでやっておりました。 何がアベノミクスじゃ!! !
本日は、老人ホームでの不要品処分の手伝いに行って来ました。
老人ホームや介護施設は病院と同じで人が亡くなったり、

また新しい人が 来られる事におそらく慣れているのでしょうね。
たしかにその度に悲しんでばかりいるとやりきれませんし、

逆にプロとして 仕事を淡々とこなせられないですね。そういう我々も遺品整理にはすっかり慣れてしまいましたが。

でも介護施設での場合は割と整理整頓されている場合が多いです。
毎日、職員さんが来られて世話をされるので部屋が散らからないのでしょう。

ですのでとても作業がやりやすいです。
立つ鳥跡を濁さず。
本日は、不要品処分のお手伝いに行って来ました。

現場は、市営団地の階段で5階です。私、怪談いや階段が苦手なのです。
学生時代に部活で、雨の日に外でランニングが出来ない時、階段ダッシュをやらされたんですが もう嫌で嫌でした。どうも太ももの筋力が弱いというか、すぐに痛くなるのです。

話しが変わりますが、私の今年の決意がいくつ
かありまして、ひとつがテレビを見ないことを決めています。

ですが、土曜日の夜9時から日テレでやっています、「学校のカイダン」は面白いのでこれだけは見ています。階段つながりでした。あしからず。
本日は、ゴミ処分の手伝いに行って来ました。

あるマンションのオーナーさんからゴミが散らかっているんで 何とかしてほしいと。行ってまいりましたが、とにかくグジャグジャです。

でも、そらそうなるわなの感じなんです。まず管理人さんがいない、ゴミ置き場がない、玄関のロビーに幅1.2m、高さ1m、奥行き50cmほどのダストボックスがひとつ置いてあるのです。

そらー、燃えるゴミの日、資源ゴミの日、リサイクルの日だけにちゃんと出してくれればいいでしょうが、まず出さんでしょう。

それどころか、椅子やテーブルとかも無理やり置かれている状態ですわ。
おそらく大阪市は、何でも持って行ってくれると思われているようです。

一通り片付けた後、どうしたらいいか聞かれましたが、2週間に1回、うちに依頼してくださいと丁重に申し上げました。
本日は、粗大ごみや不要品を処分するための搬出作業に行って来ました。

自治体によってはまだ無料で回収してくれるところがあるのですね。ちなみに大阪市は、有料で事前に支払って申し込みます。

今回は、外へタンスや大型家具、鏡やガラスを搬出だけをしてほしいという依頼でしたので、まぁ家具移動作業ということでしょうか。

この先、普通に出す燃えるゴミも有料化がすすんでいくであろう時代に、粗大ごみを無料で引き取ってくれる自治体もあり、行政のトップの考え方の違いか、自治体の財政力の違いか、住民の意識の違いかでしょうね。