猫の死骸処理と消毒作業を東大阪市で行いました
2016年8月9日(害獣駆除・死骸処理)

今回は工場の裏に猫の死骸があるので処理してほしいということで行って参りました。

夏場は腐乱が進むのが早く死後2,3日で虫が湧いてきます。今回もハエが飛び回っているということで気づかれたようです。

その死骸の場所が建物とネットフェンスの間で死んでおりその隙間は30CM程度しかありませんでした。当然体は入りませんのでネットを破って手が入るようにするしか方法がありません。

許可をいただきネットを切断し何とか処理作業は出来ました。
お客様から東大阪市の保険所に回収の電話をしていただき完了です。最後は清めの塩をまいておきました。
猫死骸処理 東大阪