ツバメの巣の駆除作業を大阪市東成区で行いました
2016年3月23日(害獣駆除・死骸処理)

本日はツバメの巣を作らせないための駆除というより予防作業に行って参りました。

依頼がありましたのはマンションの屋内の駐車場の天井の梁の壁部分にツバメの巣を毎年作られてその下にある車がふんだらけになるのです。

ようは巣を作られないようにしてほしいというわけです。

ツバメは初夏に日本にやってきては巣を作り雛をそだてます。ですから今から何とかしておかなければなりません。

考えたところ壁の表面が吹付塗装なのでぶつぶつしていますので巣を作られてしまうと。

ならば表面をツルツル状態であれば作られないのではないかと。

しかし壁の表面にプラスチックを貼り付けるのは固定しなければならない。

長さは約13mほどあり、ビスや釘で穴を開けてはいけない条件でした。

安くしかも壁に穴を開けずにする方法と考えた末に塗装時の養生に使うマスカーテープを貼り付けていけば良いのではないかと。

さらに簡単に剥がれないように上から強力なテープを貼れば良いかと。

結果は、ツバメが来る5月頃にわかりますが、何とか成功してほしいものです。

ツバメの巣(大阪市東成区中尾)