民家の猫駆除対策に大阪市東住吉区で行いました
2017年6月29日(害獣駆除・死骸処理)

今回は数年前から猫が天井裏に入ってきて子供を産んで困るという事で行って参りました。

猫駆除対策は、猫が寄り付かない対策を施しますが猫の嫌がる退避剤を置く、侵入口を塞ぐ。

この侵入口を塞ぐことが一番困難です。なかなか発見が難しいのです。

今回の民家も過去に大工さんに頼み穴や隙間を塞いだのですがまだ入ってきています。

人間にはわからない何処かにあるのです。今回も猫がどのあたりによくいるのかを調べるにあたり近所の方から聞き取りをいたしました。

たとえば軒下か、床下あたりか、屋根の付近かなどです。今回も近所の方の証言で1階の屋根の軒下あたりによく見かけるとわかりましたので。調べたところありました。

天井内に猫が居ない時を見計らい隙間をトタンで塞ぎました。この隙間はパッと見はあるのかわかりませんでした。

顔を下からのぞき込んで初めてわかりました。これでほぼ確実に侵入口を塞いだのではないでしょうか。
かわた2
かわた5